ネイマール(左)とエディンソン・カバーニ(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、同クラブ所属のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニとの“不仲説”を報じるメディアに言及した。28日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

 現地時間17日に行われたリーグアン第6節のリヨン戦で、ネイマールとカバーニによるPKキッカー争いが大きな騒動を引き起こした。それがきっかけで両者の関係が悪くなったとされている。ただ、ネイマールは不仲説を否定。

 続けて「メディアは多くの物語を作り出す。知らない事までたくさんしゃべるんだ。さらにはロッカールームに侵入しプライバシーな事まで立ち入ろうとする。最終的にはありもしない事まで話し出すんだ」とメディアを批判し「既に解決した問題」と、カバーニとの関係は修復したと答えている。

text by 編集部