【詳細】他の写真はこちら

「良いモノが欲しい! でも予算はない!!」 今回の特集はそんな人のためのハイコスパセレクション。満足度の高い逸品が驚きのお得プライスで手にはいります。品薄注意、売切御免の早い者勝ちなので、今すぐ店頭へ!!

使い方によっては1万円以下で購入可能!



大手キャリアのスマホの各種割引適用後の実勢価格は、ハイエンドが3〜5万円台、ミドルクラスが1〜3万円台といったところだ。SIMフリースマホの売れ筋モデルは2〜3万円台が多く、毎月の利用料がキャリアより安いこともアドバンテージとなる。

コスパに優れたスマホを見つけるには、上限を3万円台までに絞って選ぼう。キャリアの場合は、ドコモの「docomo with」など、端末料金と分離されて、毎月の利用料が安くなるプランの適用機種がおすすめだ。

SIMフリーは、用途が限定されるのであれば1万円以下で満足できる機種もある。メイン端末として使うのであれば、フルHD画面で、RAMが3GB以上のハイエンドモデルを選びたい。

BEST 1

格安SIMで運用する2台目端末として最適



NTTレゾナント/クロスリンクマーケティング製

g06+

実勢価格:8424円

4型サイズのコンパクト設計で、129gという軽さも魅力。1.1GHzのクアッドコアCPU、2GBのRAMを搭載しているので、日常的な用途では支障はない。

 

▲電池は取り外し可能。レッド+好きな色の背面カバーを同梱しています。

BEST 2

ハイミドル仕様ながら、お得に使える



NTTドコモ/サムスン電子製

Galaxy Feel SC-04J

実勢価格:3万6288円

4.7型のHDディスプレイを搭載し、防水・ワンセグ・おサイフにも対応。毎月の利用料が1500円割引される「docomo with」が適用。



▲カメラは外側が1600万画素、内側が500万画素。フィルターやコラージュ機能も充実。

BEST 3

セルフィーを存分に楽しめる!



ASUS

ZenFone Live

実勢価格:2万1352円

自撮りに注力したモデル。「美人エフェクトLive」+デュアルマイクで、動画配信を楽しみたい人にも最適。ディスプレイは5型HD。



▲背面カメラもF2.0のレンズと1300万画素のセンサーで、価格以上のスペックを実現。

BEST 4



ファーウェイ

HUAWEI P10 lite

実勢価格:2万8590円

5.2型のフルHD画面、最大2.1GHzのCPU、3GBのRAMという安心スペックを実現。指紋センサーを搭載し、急速充電に対応といった先進性も備えている。

BEST 5



ワイモバイル/シャープ製

Android One X1

実勢価格:3万3624円

5.3型・フルHDのIGZOディスプレイを搭載。“4日持ち”の3900mAhバッテリーを内蔵し、防水・ワンセグ・おサイフケータイにも対応。

文/村元正剛(Go’s)

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋