志田未来『14才の母』以来約10年ぶりの妊婦役「出産が身近に」と心境の変化明かす

写真拡大

女優の志田未来が、10月13日に15分拡大で放送される新ドラマ『コウノドリ』(TBS系列、毎週金曜22:00〜)第1話にゲスト出演し、約10年ぶりに妊婦役を演じることがわかった。

「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる同名漫画が原作の本作は、主演の綾野剛演じる、ある時は冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニスト「BABY」という二つの顔を持つミステリアスな主人公・ 鴻鳥サクラを中心に、産科医療のリアルな現場が描かれたシリーズの第2弾。綾野のほか、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋といった豪華メンバーが顔を揃える。

初主演作であり出世作でもある『14才の母』(2006年、日本テレビ系)以来、テレビドラマでの妊婦役は、約10年ぶりとなる志田。今回は、ペルソナ総合医療センターで働くサクラのもとに診察に訪れる、生まれつきろうあ者の妊婦・早見マナを演じる。同じく耳が聞こえない夫・健治(泉澤祐希)と共に支え合いながら生きているが、妊娠がわかった時、「本当に育てられるのか」と両親に心配されて不安を抱えている役どころだ。医療用語は手話や唇の動きだけでは伝えるのが難しく、担当医師のサクラや助産師の小松(吉田)とホワイトボートを使い、筆談でコミュニケーションを取っている。
もともと前作を見ていたという志田は「しっかり命と向き合っている、愛に溢れた作品だなという印象でした。第1話のゲストということもあって、呼んでいただけたことに喜びとプレッシャーを同時に感じました。皆様からとても愛されている作品なので、しっかり自分の役をリアルに伝えていかなくてはいけないと感じました」とコメント。

弱冠13歳で妊婦役を演じた『14才の母』から2度目の“出産”となる今回は「当時は想像で演じるしかなく、母や周りの出産を経験している方にアドバイスとして話を聞いていたことを思い出しました。約10年という時間が経っていますが、まだ実際には出産を経験していないので、今回もまた想像しながら演じました。(10年前は)お腹に物を詰めても、どこに手を置いたらいいか、どう歩けばいいか、といったことなどがよくわからなくて注意されていたのですが、今回はそれが自然にできたこともあり、その経験が体にまだ染み付いているのかなと思いました。周りの友人も実際に母親になったり、年齢的にも出産というものが身近になってきたので、だからこそ命の重みを考えるようになり、実感しながら演じました」と変化を明かす。

また、マナを演じるにあたり「妊娠や出産を経験したことがない中で、さらに耳が聞こえないという大きな壁があり、率直に難しいなと思いました。手話指導をしていただいた時に、実際耳が聞こえない方の出産のお話を聞かせていただきました。耳が聞こえないことが今まで当たり前だったから、そのことをあまり不利だと思ったり、大変に感じなかったとおっしゃっていたので、マイナスな気持ちを背負って演じないようにしました」と役作りの苦労を明かす。出産シーンの撮影については「とてもハードで緊迫するシーンの中、出演者、スタッフの皆さんがとても温かく声をかけて下さり、心強く感じました。そして、現場の皆さんそれぞれが話し合って丁寧に一つのシーンを作り上げていく姿を拝見し、すごく素敵な現場だと思いました」と手応えを語る。

企画の鈴木早苗氏は「志田さんと言えば、まず抜群の演技力と存在感が魅力的な女優さんだと思います。『コウノドリ』のゲストでは初めての、言葉で語らず、喜びや悩みなどさまざまな心情を表情で表現する人として、どうしても志田さんにマナを演じていただきたいと思い、今回出演を依頼させていただきました」と起用理由を明かしている。