北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、米国と韓国を糾弾する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「史上類例のない白昼強盗さながらの『制裁決議』をつくり上げた米国は、快哉を叫びながら愚かにもわれわれが耐えられないであろうと言い散らしている」と述べた。

また、「同族対決に狂奔しているかいらいも、国連の新たな『制裁決議』が『相当な圧迫効果』を現すであろうし、『強い苦痛を体感』するようになるであろうという笑止千万なほらを吹きながら騒ぎ立てている」と、韓国を非難した。

つづけて、「米国の反共和国制裁策動は歴代の米行政府が使うだけ使ったが絶壁にぶつかってひどい目に遭った失敗作だ」と指摘した。

さらに、「米国のヒステリックな反共和国制裁騒動にもかかわらず、われわれの政治的・軍事的威力は急速に強化され、チュチェ朝鮮の戦略的地位は最上の域に上がった」と強調した。

その上で、「敵対勢力が反共和国制裁・圧迫に狂奔するほど、われわれは国家核戦力強化の最終目標の達成に総力を集中するようになるであろう」と主張した。