グランドスラム覇者対決、オスタペンコがムグルッサを撃破 [武漢オープン]

写真拡大

 中国・武漢で開催されている「武漢オープン」(WTAプレミア5/9月24〜30日/賞金総額266万6000ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、全仏チャンピオンのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)がウィンブルドン・チャンピオンのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を1-6 6-3 6-2で下し、ベスト4に駒を進めた。

 第1セットでのムグルッサは、部分的にオスタペンコの15本のアンフォーストエラーのおかげもあり、飛ぶようなスタートを切った。しかし第2セットでは、オスタペンコがムグルッサのサービスを4度破って5-3とリードし、ダウン・ザ・ラインのウィナーでセットを取り返す。

 ムグルッサは最終セットで先にブレークしたが、29本のウィナーを奪ったオスタペンコのベースラインからの強打によって打ち負かされた。オスタペンコは最後の5ゲームを連取し、初めてムグルッサを倒した。世界1位の選手に勝ったのも初めてのことだった。

「私はたった今、世界1位を倒した。すごいことだわ」とオスタペンコは言った。

 世界4位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)もまた、1セットアップからアシュリー・バーティ(オーストラリア)に敗れた。4-6 7-6(3) 7-6(2)の大接戦の末に勝ったバーティにとって、トップ5の選手を倒したのは初めてのことだった。

 バーティは次に、準決勝に至った唯一のシード選手、第8シードのオスタペンコと対戦する。もうひとつの準決勝の顔合わせは、カロリーヌ・ガルシア(フランス)と予選勝者のマリア・サカーリ(ギリシャ)となった。

 プリスコバとバーティの明暗を分けたのは、ほんのわずかなことだった。プリスコバは第1セットでセットの行方を決めるブレークを果たし、バーティは第2セットのタイブレークで最後の4ポイントを連取した。プリスコバは、第3セットの頭に初めてサービスゲームを落とし、そこからブレーク合戦が始まった。

 バーティは5-4から3つのマッチポイントを無駄にしてしまったが、タイブレークではリードを奪い、2時間半の戦いのあと、プリスコバのダブルフォールトによって試合は締めくくられた。

 一方、ガルシアはエカテリーナ・マカロワ(ロシア)を7-6(3) 6-4で下した。サカーリはアリゼ・コルネ(フランス)を7-6(2) 7-5で退け、武漢で予選から勝ち上がって準決勝に進出した初の選手となった。

「準決勝に進んだなんて、いまだ信じられない」とサカーリは試合後にコメントした。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「武漢オープン」の準々決勝でウィンブルドン・チャンピオンで世界1位のガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を倒した、全仏チャンピオンのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)(写真◎Getty Images)
Photo: WUHAN, CHINA - SEPTEMBER 28: Jelena Ostapenko of Latvia celebrates after defeating Garbine Muguruza of Spain on Day 5 of 2017 Dongfeng Motor Wuhan Open at Optics Valley International Tennis Center on September 28, 2017 in Wuhan, China. (Photo by Wang He/Getty Images)