PSG相手に屈辱的大敗を喫した

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンはパリでPSGに屈辱的な完敗を喫した後、指揮官のカルロ・アンチェロッティを解任した。27日水曜日の夜から広がっていた噂は現実のものとなった。ウィリー・サニョルが暫定監督を務める間、クラブはトーマス・トゥヘルと交渉を行う。

「シーズン初めからチームのパフォーマンスは我々が抱いていた期待を満たしていなかった。パリの試合は我々が結論を出さなければならない事を明確に示した。サリハミジッチと私は真剣な議論の中でカルロにそれを伝え、我々は自分達の決断を発表した」ルンメニゲは公式声明を通してそのように説明した。

「私は協力してくれたカルロに感謝したい。このような展開になった事を残念に思う。カルロは私の友人であり続けるが、我々はバイエルンのために判断を下さなければならなかった」ルンメニゲはそのように締めくくった。また彼はアンチェロッティと共に彼の全アシスタントスタッフもクラブを離れる事を発表した。

現時点ではボルシア・ドルトムントの元指揮官で現在、所属先がないトーマス・トゥヘルが有力な後任候補に挙げられている。ルンメニゲは過去にトゥヘルについて賞賛の言葉を述べていた。「彼のマインツ時代も含め、私は常に(彼のスタイルが)好きだった。」

またクラブの会長のウリ・ヘーネスも同指揮官の招聘に前向きだと思われる。