キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』、2018年1月日本公開決定

写真拡大

 キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』が、2018年1月より日本公開されることが決定した。

参考:前代未聞の『ブレードランナー』フェスはなぜ開催可能に? 仕掛け人が語る、その全貌

 本作は、『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグローが実話をもとに手がけたヒューマンドラマ。後のアメリカ公民権運動にも大きな影響を与えた、1967年の夏に起きたデトロイトの暴動の最中に起きた“ある事件”を描く。

 キャストには『スターウォーズ /最後のジェダイ』のジョン・ボイエガ、『レヴェナント:蘇えりし者』のウィル・ポールター、『シング・ストリート 未来へのうた』のジャック・レイナー、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー・マッキーなどが名を連ねている。

 ビグロー監督は、「今回は、観客の皆さんをアルジェ・モーテルの中へと誘う。リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語っている。(リアルサウンド編集部)