マンチェスター・C、メンディの負傷を発表...前十字靭帯断裂で数カ月間の離脱に

写真拡大

マンチェスター・シティは、ベンジャミン・メンディが右膝の前十字靭帯を断裂したと発表している。

23日に行われた5-0で勝利したクリスタル・パレス戦に出場したメンディだが、前半に負傷し、ダニーロとの途中交代を余儀なくされていた。そして検査の結果、今夏モナコから5200万ポンド(約77億円)で加入したフランス代表DFが前十字靭帯断裂を負ったことが分かり、数カ月間離脱することになるようだ。

勝利したシャフタール・ドネツク戦後、ジョゼップ・グアルディオラ監督はメンディについて「昨年イルカイ・ギュンドアンの身に起きたことのように、彼にとって非常にフラストレーションの溜まることになってしまった。彼のことをとても残念に思う。我々は多くのを失うことになるだろう。彼は特別な選手で、これは大きな後退だ」と長期離脱を残念に思うと語った。

一方のメンディは、ツイッターに「悪いニュースだ。僕はACLの断裂で数カ月間“故障クラブ(Injury FC)”にローン移籍する。できるだけ早く、強くなって戻りたい」とユーモアを交えながら早期の復帰を願うと投稿している。