以前ご紹介した、台湾で大人気の電動スクーター「Gogoro」がついに日本にも上陸です!

遠い未来の話かと思っていましたが、まさかの年内に石垣島からスタートします。MotoBeは記者会見に招待してもらい、詳細を聞いてきました!

Gogoroは、スクーター大国の台湾で6年前にスタートしたメーカー。台湾では日本とは比べ物にならないくらい、バイクが足として活用されています。

Gogoroの凄いところはバッテリーが充電式ではなく、シェアできるタイプなんです。

Goステーションと呼ばれるバッテリーを完備するスポットでバッテリーを積み替えることでいくらでも走行可能。しかも約6秒で出来てしまうという超ハイテク技術。バイクはバッテリーを2つ搭載し、航続距離は100km。

Goステーションはガソリンスタンド的なもの。

台湾では1km圏内に一つあるレベルで、ガソスタより数があります(コンビニにもある)。定額料金を支払って使う、というスマホみたいな料金形態となっています。

年内に石垣島で始まる「GO SHAREプロジェクト」は言わばレンタルバイクとシェアサイクルが合体したようなサービス。

観光地によくある貸出用自転車がGogoroになる、というわけです。石垣島内に4箇所Goステーションを配置する予定とのこと。

バイクは、50cc、125ccに相当する二種類を準備する予定。最低限の装備をレンタルするサービスも検討中とのことです。

ガソリン代もかからない、原付き免許でも乗れちゃう、手ブラでもOK。今まで、あったらいいのにな!という部分を全部補ってくれたサービスです!

シェアサービスの料金などはまだ発表されていませんが、このサービスが始まれば観光にかかる料金がかなり安くなりますよね。

Gogoroは通勤や通学でも使える設計になっているため、シート下の荷物ゾーンはかなり広め。USB充電なんかも付いています。

シートはタンデム(二人乗り)もできる広さ。台湾では実際に二人乗りでも使われています。現段階で断定はできませんが、日本でも125cc扱いのGogoroなら可能性はあるかもしれません。

気になるのが、台湾と日本の規制の違いについて。

台湾のGogoroをそのまま持ってくると、日本では原付きという扱いにはなりません。

石垣島で使われる車両はリミッターなどでパワーを制限し、50cc・125ccと同じ扱いにできるようにする、とのことです。

ちなみに、Gogoro社はスタートがスクーターだったため、バイクメーカーと思われがちですが、実はもっと広い意味でこの先の未来を見据えるメーカーです。

電動化により、環境にも配慮して「最先端のエネルギーネットワーク」を今後も開発していくとか。

2020年にはガソリン車が無くなるかもしれない、というのが現実的になってきた近日。この先の時代を引張っる強烈なフックになることは間違いありません!

Gogoroの日本への上陸は他の場所でも検討されていますが、まずは石垣島から。

確かにいくらお金があっても東京都内にステーションを増やすのはかなり時間がかかるはず。台湾のようにコンビニに配置してくれれば相当二輪の未来は変わってくるはずです。

何はともかく、バイクの歴史が変わる第一歩ということは確実でしょう。今後の続報に期待です!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

電動スクーター+シェアリングの新形態。台湾の「Gogoro」が石垣島からサービスをスタート(http://clicccar.com/2017/09/29/515887/)