欧州ホットハッチ市場に新たな一台、オペルのコンパクトカー『アストラ』の高性能版『アストラ GSi』が参入します。そのフルヌードボディをカメラが捉えました。

「GSi」とは、1980〜90年代にオペルのハイパフォーマンスモデルに使用されていた栄光の名称であり、先日「インシグニア」及び「インシグニア スポーツツアラー」に「GSi」の名称を冠した高性能モデルが発表されたばかりです。

その第三弾となるのが「アストラGSi」です。インシグニアGSiに似たフロントバンパーやリアバンパーを持ち、エアインテークは大型化され、スポーティなフロントマスクとなっています。ホイールはダミーでしたが、その奥には赤いブレーキキャリパーが覗いています。

パワートレインはインシグニアから流用される2リットル直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は260psへ達するとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年ジュネーブモーターショーと予想されます。

(APOLLO)

栄光の名称を引き継ぎ、欧州ホットハッチに新たな一台が参入(http://clicccar.com/2017/09/29/515820/)