NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・みね子(有村架純)には、2つのあたたかい家族がある。生まれ育った奥茨城村で暮らす谷田部家と、東京の赤坂にあるあかね坂の人々だ。これまで、あかね荘に暮らしていた時子(佐久間由衣)、早苗(シシド・カフカ)が夢を叶え飛び立っていき、愛子(和久井映見)も省吾(佐々木蔵之介)と結婚してすぐ側にある牧野家に引越した。祐二(浅香航大)と啓輔(岡山天音)の漫画家コンビは売れっ子漫画家への階段を登り始め、担当編集者から締め切りを追われるほど。そして、あかね坂商店街にある中華料理屋の五郎(光石研)と安江(生田智子)夫婦には養子・茜(上杉美風)が訪れる。最終週の序盤では、幸せいっぱいのあかね坂が描かれてきた。そして、次に描かれるのが父・実(沢村一樹)から「見せたいものがあります」と呼び出されみね子が戻った、奥茨城の家族の幸せだ。

(参考:有村架純が語る、『ひよっこ』ヒロインを演じて得たもの 「みね子は守りたい大切な存在」

 谷田部家には、物語の第1話から問題があった。5年前の不作で農協に借金をしており、そのために実は東京に出稼ぎに出ていたのだ。さらに、その次に起こった悲劇が、実の失踪。子供たちを不安にさせまいと、みね子の母・美代子(木村佳乃)はひとりで実を探しに東京へ向かったが、実は寮に荷物を置いたまま、手がかりは一切なく、生きているかどうかも分からない。翌日、美代子が奥茨城に戻ると、みね子にその異変はすぐに気づかれてしまう。みね子は高校卒業後、実を探すため、そして実の代わり仕送りを送るために東京へいくことを決めた。

 みね子は給料のほとんどを仕送りとして送る生活を2年続ける。そしてようやく、実との再会が訪れるのだが、そこからまた、みね子たちは苦しみの淵に立たされた。実は、すべての記憶を失くし、別の女性と暮らしていたのだ。実は、東京に訪れた美代子とも再会するが、一度、みね子とあかね荘で暮らすことに。みね子と過ごすうちに自分のことが知りたくなっていった実。みね子は「私が話せんのは、父親としての谷田部実さんだよ。子どもの頃は茂爺ちゃんや宗男さんしか知らないし、それに男の人としての谷田部実は、お母ちゃんしか分からない」と告げた。実は「帰ってみっかな」そういって、やっと奥茨城の家族の元へ戻ることができた。

 奥茨城へ戻ってからも、再び家族になるまでには、それぞれにいろんな葛藤があったはず。だが、実に呼び出されてみね子が帰った奥茨城村では、家族の素直な笑顔が広がっていた。“谷田部家のフラワー革命”により、みね子は実から「今月から仕送りはしなくていいぞ。みね子が稼いだ金はお前のもんだ」と言われる。「何か不思議な気持ちでした。急にもういいって言われても、何か放り出されたみたいな気持ちになってしまって。それにバカみてえだけど、この花に私が負けたような気持ちにもなって」その時のみね子は、ちょっぴり複雑な気持ちを明かしていた。

 角谷家や助川家を呼んで、谷田部家で開かれた乾杯の席では、みんなが笑っていた。「笑っています。楽しいです。大丈夫なんだなと思いました。2つの大丈夫。お父ちゃんはもう大丈夫なんだなという大丈夫。私がいなくても大丈夫なんだなという大丈夫」。初めて描かれた、みね子たち家族全員に幸せが訪れた瞬間だった。

 有村は、インタビュー(https://realsound.jp/movie/2017/09/post-113004.html)で、本作を通じての自身の成長を「何かに耐えるっていうことはもう任せてください(笑)。これ以上にグッと耐えるものがあるとしたら次はなんだろうと思いつかないくらい、何でも受け止められる気持ちはつきました」と答えているが、これはみね子として聞いても全く同じ答えが返ってくるのではないだろうか。実のこと以外にも、務めていた向島電機の倒産や、初めてできた恋人・島谷(竹内涼真)との別れなど、みね子にはたくさんの困難があった。また、登場人物たち全員にも、それぞれに苦しい時があった。

 「幸せは歩いて来ない だから歩いていくんだね」みね子とちよ子(宮原和)、進(高橋來)がその歌を口ずさみながら向かっていった先には、谷田部家にこれからの幸せをもたらしてくれる花畑が広がっていた。それぞれに苦しみを乗り越え、歩んでいった先につかんだ幸せ。みね子のいう“大丈夫”には、「もう私は大丈夫」と、これまで応援してくれていた視聴者に向けたメッセージも込められている気がした。

(大和田茉椰)