警察では拷問が行われたという

写真拡大

 中国福建省で2003年4月に5人家族が殺人容疑で訴えられ、2006年に裁判で、5人とも有罪判決を受けて、それぞれ死刑や8年から3年の懲役刑が確定した事件が存在する。同事件における被告の供述が警察の拷問などで強要されたことが立証され、今年9月に開かれた再審の裁判で一転して5人とも無罪となったことが分かった。

 しかし、そのうち実行犯の長男と共謀したとして懲役8年の刑を受けた父親は2012年2月に刑期満了で釈放されたあと、「俺たちはやっていない」と訴え続けたが、病気がちで昨年病死したという。中国では、このような冤罪事件が最近多くなっており、市民の間からも、警察や司法当局の杜撰な捜査に批判が高まっている。中国紙「新京報」が報じた。

 この家族5人は主犯格とされた長男の繆新華氏に加え、父親の繆徳樹氏と新華氏の叔父と2人の弟。

 事件は新華氏ら5人が住んでいた福建省の農村部、拓栄県で起きた。新華氏が付き合っていた妊娠3カ月の女性が包丁で切りつけられた惨殺体で発見された。その女性の家族の証言によると、事件の当日の昼ごろ、女性は新華氏と村の道路で会って話をしており、その後、夜になって女性は外出し、そのまま戻らなかったという。

 2日後に女性は村の外れにある農機具置き場の小屋で遺体となって発見されたことから、警察は新華氏を取り調べるとともに、家族の自宅も家宅捜索したところ、トイレや台所などから、その女性のものらしい血痕が発見された。

 警察は新華氏のほか、父親や叔父、弟の4人からも事情聴取したところ、犯行を自供。さらに、家の中から、見つかった血痕をDNA鑑定したところ、5人のものだと判明したと発表した。

 しかし、裁判で、新華氏ら5人は「警察官から取り調べ中、拷問を受けて自供したもので、殺害はしていない」などと無罪を主張し控訴審まで行われたが、結局、新華氏は無期懲役になるなど他の4人も有罪で懲役刑が確定した。

 だが、無実を主張し続けた父親らは弁護士を雇って、再審請求したところ、DNA鑑定は警察がでっち上げたもので、正しいものではないことが分かった。また、新華氏らは警察から拷問を受けて自白をしており、それが決め手となり、有罪判決が下されたことが分かった。いまのところ、真犯人は捕まっていない。

 これについて、インターネット上では「杜撰な捜査によって、一生が台無しにされた人々のなんと哀れなことよ」とか、「このような杜撰な捜査は共産党の体質を物語っている。習近平主席の司法改革に期待したい」などとの書き込みがみられる。