『世界の中心で、愛を叫ぶ』行定勲監督が影響を受けた台湾へ

写真拡大

映画監督の行定勲が、9月29日(金)23時40分から放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演し、台湾を訪れる。

岩井俊二監督のもとでキャリアを重ねた後、多くのヒット作を生み出してきた行定。今回は、大きな影響を受けたという台湾に赴く。20代の頃に初めて訪れて、台湾映画にハマったそう。そこでは、行定の代表作である『GO』『世界の中心で、愛を叫ぶ』に繋がる出会いと経験があったそうだが、一体どんなことなのか。

また、台湾の名作映画の舞台を巡り、尊敬する世界的な映画人と再会を果たす。さらに、次回作の構想をテレビで初公開する一幕も。そして、「お茶が大好きでお酒が飲めない」など、意外なプライベートを明かし、台湾でのいつもの過ごし方だという「エビ釣り」も行う。