本田圭佑は「落選」なのか?ハリルホジッチが会見で明かしたこと

写真拡大

10月に行われる強化試合に向け、日本代表メンバーを発表した日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督。

そのメンバーの中に、本田圭佑の名前はなかった。

本田は日本代表の中心選手で、ミラン時代には出場機会に恵まれない中でも招集され続けてきた。

ハリルホジッチ監督は記者会見の中で「彼にはしっかりとコンディションを取り戻してもらいたい」と話していたが、質疑応答の中で記者からさらに質問があった。

本田が招集外になったことについて「これは完全に落選ということと捉えた方がいいか?」というものだったのだが、それに対してハリルホジッチ監督は以下のように答えた。

ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督)

「そして本田についての質問ですね。

彼は移籍しました。そして怪我をしていました。

現時点でのコンディションでは、代表ではプレーできないと思います。

彼にはしっかりトレーニングをしてもらいたいと思います。

彼だけではなくどの選手もそうです。しっかりとトレーニングをして、クラブでもポジションを勝ち取ってもらわないといけません。

またクラブでのポジション、そして代表でのポジションで要求されること、役割が違ったりすることがあります。そういったところもしっかりやらないといけません。

全員が高いパフォーマンスを見せることがロシアに行く条件になります。

これと違った考え方で準備をしている選手がいれば、それが間違いだったということに後に気付くことになります」