【詳細】他の写真はこちら

古田雄介の「インターネット死生観」



古田雄介の「インターネット死生観」連載一覧ページ

「困難な問題を直視して考えよう」

フェイスブックが呼びかける



テロリストの情報発信源になったり、嘘ニュースの拡散に使われたりと、ソーシャルメディアの負の側面が目立つ出来事がしばしば起きている。簡単には片付かないこれらの「困難な問題」(Hard Questions)と真正面から向き合うべく、フェイスブックは6月にプレスリリースで問題項目を7つ提示し、これから社内外で議論しながら解決策を模索していきたいと決意を示した。

Facebookが提唱する7つの「困難な問題」 (Hard Questions)

「オンライン上のプラットフォームは、テロリストによるプロパガンダの拡散をどのように防ぐことができるか。」

「オンライン上のアイデンティティは人の死後どうあるべきか。」

「ソーシャルメディアは、論争を引き起こす投稿や画像について、どれだけ積極的に監視及び削除を行うべきか。特に、複数の文化規範が混在するグローバルコミュニティにおいて、誰が複雑なテーマを判断するべきか。」

「誰がフェイクニュースを定義し、論争を引き起こす政治的発言との境界を判断するか。」

「ソーシャルメディアは民主主義にとって良いものか。」

「人々の信頼を損なうことなく、どのようにして誰もが利益を享受できるデータを活用することができるか。」

「若いユーザーに対して、どのように安全な環境下における新しい自己表現の方法を伝えることができるか。」

そのうち2番目にあるのが、「オンライン上のアイデンティティは人の死後どうあるべきか」という命題だ。

この連載でもたびたび言及しているとおり、故人がオンライン上に残していったアカウントや日記、写真などは、遺族や知人の働きかけがなければそのまま放置されるのが普通だ。運営側はアカウントの持ち主の生死を知る術を持たないし、メールアドレスとハンドルネームだけで利用できる無料サービスにおいては、本人の特定すら困難なことも多い。

そのなかで、フェイスブックはかなり積極的に利用者の死後の道筋を模索してきた。故人のページの乗っ取りや不意の抹消などから保護する「追悼アカウント」機能を2007年に導入し、15年には、死んだ自分の代わりに管理してくれる「追悼アカウント管理人」を生前に設定できるようにもした。17年9月現在、追悼アカウント化しているページは世界全体で数10万を数える。’96年から続く世界最大のサイバーセメタリー「ヴァーチャル・メモリアルズ」の登録数が3万超であることを考えると、爛優奪畔茘瓩箸靴討眛予个靴慎模になっていることがわかる。

そのフェイスブックをして、オンライン上の死後対応を困難な問題と明記している意味は軽くないだろう。

ポリシー管理部門トップが語る

亡き夫のデジタル遺品の重さ



困難な問題について現状の課題を伝えるリリースは、順次発信されている。8月18日、狢2項目瓩砲弔い読を執ったのは、同社のグローバルのコンテンツポリシー担当公共政策責任者を務めるモニカ・ビッカート氏。がん闘病の末に亡くなった夫との思い出を交えながら、デジタル遺品から遺族が受け取る感情の複雑さを伝えている。

〈夫が亡くなってから1年近くたっても、携帯電話で古い写真を見るたびに息をのむことがあります。次の日には夫が退院できると勘違いして、病院での夫の姿を撮影した写真を見ると、涙が溢れます。しかし、父の日に庭で夫が娘達と誇らしげに立っている写真などを見ると、思わず微笑んでしまいます。〉

同じ故人の思い出でも、それぞれの局面や受け取る人物によって喚起される感情は大きく変わる。だから、追悼アカウントは誕生日のお知らせなどのプッシュ型の情報発信機能はすべてオフとなる。ただ、共通の知人が投稿した追悼文や、故人が生きていた頃の投稿がコメント書き込みなどがきっかけでタイムラインに再浮上することは避けられない。

また、追悼アカウントになると遺族であっても手出しできなくなる問題もある。故人のページに一周忌のお知らせをアップしたり、過去の投稿をバックアップしたりもできない。唯一、追悼アカウント管理人に指定された人なら、それらの措置が行えるが、それでも特定の投稿を削除したり、ダイレクトメッセージを閲覧したりはできない。

それを嫌って、家族や知人が亡くなってもあえて追悼アカウントにはせず、故人のIDとパスワードでログインする爐覆蠅垢泙鍬瓩離好織ぅ襪覇伴に管理している遺族もいる。同社は故人のものと把握した時点で、追悼アカウントに変更するようにしているが、模索もまた続けている。

「故人のアカウントについて、どうすべきか判断するのはいつも難しいものであり、明確な回答は持ち合わせておりません。ただ、追悼アカウントや同管理人の機能がささやかながら故人及び故人を追悼する方々の支えになることを願っています」(フェイスブックジャパン広報)

運営側が用意した大枠だけでは

その先の便利さに進んでいけない



オンライン上にある現在の死後措置にまだ完全なものはなく、改善の途上にある。改善を促進するには多くの人の声が必要ではないかと思う。フェイスブックは大枠を用意しているが、その解像度を高めるのは個別の相談しかない。確実にいえるのは、待っているだけでは良くなる速度が遅くなるだけということだ。

文/古田雄介

古田雄介(ふるたゆうすけ):利用者没後のネットの動きやデジタル遺品の扱われ方などを追うライターで、デジタル遺品研究会ルクシー理事。著書に『故人サイト』(社会評論社)『[ここが知りたい!]デジタル遺品』(技術評論社)など。

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋