ハムザ・ビン・ラディン(以下ハムザ)という人物をご存知だろうか。

 ビン・ラディンという名前がついているので、ピンとくる方が多いかもしれない。2011年にパキスタンで米特殊部隊に殺害されたウサマ・ビン・ラディン(以下ウサマ)の息子である。

 ハムザがいま、父親亡き後、アルカイダだけでなく複数のイスラム過激派を統合させて聖戦を続ける人物とみなされている。今年1月、米国務省はハムザを国際テロリストのブラックリストに入れたほどだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

次世代テロリストのリーダー

 語弊を恐れずに述べると、次世代の「テロリストのリーダー」と呼べる男なのである。本当ならば、ハムザ容疑者と書くべきだが、便宜的にハムザと記す。

 2011年にウサマが殺害された時、同じ邸宅にいた息子3人も死亡。当初はハムザも殺害されたと思われていた。

 だが拘束されたウサマの妻(3人)の1人ハイリア・サバルが、パキスタン当局に「ハムザはいなかった」と語り、生き延びていることが分かった。ウサマは生前、ハムザを「最愛の息子だ」と呼んだほど寵愛しており、後継者が残ったのだ。

 ハムザとはいったいどういう人物なのか。これから何をしようとしているのか。

 正確な年齢は公表されていないが、現在28歳と言われている。旧ソ連がアフガニスタン戦争で敗北し、ウサマが反米活動を始めた頃にハムザはサウジアラビアで生まれている。

 ビン・ラディン一家はその頃からスーダンやアフガニスタンを転々としたが、ハムザはいつも父親のかたわらにいた。アルカイダは最近のハムザの画像や映像を公表していないが、幼少の頃、ウサマのそばにいる映像が残っている。

 十代になって、ハムザは父親の思想を学びながら、アルカイダの戦士たちと軍事訓練を受けた。仲間の前で演説するようにもなっている。ウサマが殺害された後から、ハムザは表立った動きをさけた。

 米陸軍士官学校(ウェストポイント)内にある対テロ対策センター(CTC)の報告書によると、2015年8月まで米国諜報機関はハムザの潜伏先を特定できなかった。

 だが同年8月14日、ハムザはイスラム過激派たちに音声メッセージを公開したのだ。日本ではハムザの名前は流布していないが、中東やヨーロッパのイスラム関係者の間でハムザの名前を知らない人はいないと言われる。

イスラム過激派を統一できる人物

 43秒間のメッセージではまず、アルカイダの現在のリーダー、アイマン・アル・ザワヒリがハムザを紹介。ハムザは流れるような口調でこう述べたている。

 「カブール(アフガニスタン)、ガザ(パレスチナ自治区)、バクダッド(イラク)からワシントン、ロンドン、パリ、テルアビブに対して戦争を起こすように要請する。聖戦戦士たちよ、それが君たちの使命だ」

 このメッセージから2年が過ぎているが、中東専門家の間ではハムザこそが今後のイスラム過激派を統一できる人物との見方が強い。

 中東問題ジャーナリストのフダ・アルフセインさんは次のように分析する。

 「イスラム過激派の現状を眺めると、アルカイダだけでなく、イスラム国(IS)も西側諸国の対テロ戦争によって弱体化しています。彼らが求めているのは新しい指導者で、そこにハムザが登場したのです」

 「これまでISのメンバーはアルカイダには一歩距離を置いていましたが、ウサマやハムザを批判する人はいませんでした」

 ISには反アルカイダ派のメンバーが大勢いるが、ウサマの思想に対してはほとんどの人間が好感を抱いており、息子のハムザが指導者としてイスラム過激派をまとめるのであれば、追従するとみられる。

 ハムザは2016年5月、7月、8月にも新たなメッセージを出して、ロシアを含めた西側諸国の都市をテロ攻撃すべきだと述べている。アルカイダは今年9月、同時多発テロ発生から16周年直前にも同様のメッセージを公開した。

 28歳の若者に、中東を中心にしたイスラム過激派をまとめられるかは疑問だが、少なくとも周囲と本人はアルカイダの再強化と過激派の統合を望んでいる。

カリスマ性に欠けるザワヒリ

 ハムザが次期リーダーとなるもう1つの理由がある。ウサマが殺害される前から、アルカイダには副リーダー、ザワヒリがいた。いまも米国から指名手配され、逃亡している。

 ウサマ亡き後、ザワヒリこそがアルカイダを牽引していくはずだったが、カリスマ性に欠けるばかりか、エジプト人である点が、他のアラブ諸国出身メンバーから毛嫌いされていた。

 66歳という年齢のわりには年老いて見え、イスラム過激派をまとめ上げるだけの力量がないとの判断だ。

 一方のハムザはウサマの実の息子であり、直系の血筋である。

 アルカイダだけでなく、イスラム国の戦士を含めた聖戦を目指す人間たちから一目置かれている。ザワヒリもハムザこそが次期リーダーであり、「アルカイダの獅子」と呼びさえしている。

 実はハムザは伝えられる限り、ISを明確に批判していない。イラクとシリアでいくつかのグループが闘争している事実を指摘したうえで、キリスト教徒とユダヤ教徒、クルド人を共通の敵として、イスラム戦士たちを統合できると踏んでいる。

 今年5月に公表したハムザのメッセージには次のような言葉がある。

 「西側諸国に対して殉教する者にアドバイスがある。神の喜びのためなら簡単に自分の魂を売れるはずだ」

より暴力的になったアルカイダ

 自爆テロを推奨する内容で、以前のアルカイダよりもさらに過激性と増しているかのようだ。前出のアルフセイン氏も「今のアルカイダはより暴力的になっている」と述べる。

 ハザムはさらに米国が中東の富を奪っていると糾弾し、米国の友好国サウジアラビアの政権打倒を口にしている。

 ハムザが今後、反キリスト教、反ユダヤ教の路線で聖戦を続けていくことはほぼ間違いなさそうだ。少なくとも、アルカイダをはじめとする過激派組織の中で、ハムザはスター的な存在として君臨するだろう。

 ドナルド・トランプ米大統領はいま、イスラム過激派よりも北朝鮮問題に頭を悩ませているだろうが、落とし所は見えていないだけに、外交問題の負担はより大きくなる。

 ハムザというリーダーが父親ウサマの後継者として新たな戦いを仕かけてきている点に、トランプ氏だけでなく全世界はもっと注目すべきである。

筆者:堀田 佳男