「タイムズカープラス」(「パーク24 HP」より)

写真拡大

 駐車場大手のパーク24は英国の同業最大手のナショナル・カー・パーク(NCP)を日本政策投資銀行と共同で買収した。買収額は合計で3億1200万ポンド(約460億円)。

 パーク24は、英国に設立した現地法人を通じ、8月3日付でNCPの株式の51%を1億5900万ポンド(約235億円)で取得して連結子会社に組み入れた。政投銀が残りの全株式を取得した。NCPは1931年に創業し、英国内に15万台を収容する駐車場を運営し、シェアは3割に上る。

 パーク24は海外展開を加速している。今年1月6日、豪州、ニュージーランド、英国、シンガポール、マレーシアの5カ国で駐車場を運営するセキュア・パーキングのグループ会社を買収した。買収額は2億2780万豪ドル(約190億円)。それぞれの国に設立した現地法人経由で、各企業の発行済み株式の80%を取得し、連結子会社にした。パーク24にとって、これが初の海外でのM&A(合併・買収)だった。

 2006年に韓国で、現地企業と合弁で24時間営業の無人駐車場の営業を始めたほか、同年に台湾にも進出している。一連のM&Aによってパーク24が展開する駐車場は、日本をはじめ8カ国・地域で120万台になった。

●カーシェアリングで独り勝ち

 パーク24は国内で駐車場やカーシェアリング、レンタカーサービスを手掛ける。なかでもカーシェアリング事業では独り勝ちを続けている。

 カーシェアリングは、1台の自動車を複数の会員が共同で利用する新しい利用法。予約した時間に、会員カードをクルマにかざすとドアのロックが解除される。

 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の調査によれば、2017年3月時点のカーシェアリングの車両ステーション数は1万2913カ所(前年比20%増)、車両台数は2万4458台(同24%増)、会員数108万5922万人(同28%増)と急拡大を続けている。

 パーク24は、このうち会員数78万3282人で72%のシェアを押さえ、約30社のなかで独走している。

 カーシェアリングは02年にオリックスグループ(オリックスカーシェア)が参入したのが始まりだ。パーク24は、09年に「タイムズカープラス」のサービス名で同市場へ参入した。カーシェアリングビジネスでは最後発だった。

 カーシェアリング普及のポイントは、借りた場所と違う地点でクルマを返せるかとどうかにかかっている。多くのカーシェア業者はレンタカーの発想で全国展開していったが、クルマを返却するステーションがないという難問に直面した。タイムズカープラスは都心部の一定地域に集中して拠点をつくり、クルマの返却を容易にした。

 パーク24は地主と契約して時間貸し駐車場「タイムズ」を展開してきた。24時間営業の無人駐車場、タイムズは全国に1万6642カ所(17年7月末時点)あり、その半分がカーシェアリングの拠点となっている。

 個人が利用する場合、タイムズカープラスの初期費用は1550円。月額基本料金は1030円で、利用料金は15分あたり206円。ミニクーパーやアウディーに乗ると15分あたり412円。ガソリン代は利用料金に含まれるのでガソリンを満タンにして返却する必要はない。さらに、「タイムズカープラス×ハーモ」というサービスでは、ワンウェイ(乗り捨て)制度を取り入れており、借りた場所と違う地点でクルマを返せる。この時間貸し駐車場とカーシェアリングという“すき間”狙いが的中した。

●カーシェアリング分野で成長加速の可能性

 16年11月〜17年7月の連結決算の売上高は18%増の1687億円、営業利益は8%減の137億円、純利益は7%減の90億円と増収・減益だった。

 タイムズ駐車場に月極めや管理を受託したものを加えると、国内で営業する駐車場の総数は1万8029カ所と1年前より7%増えた。カーシェアリングは、車両が1万9080台と23%増、会員数が85万1766人と27%増。外回り営業に使う法人会員などによって、平日の利用が底上げされた。

 車両投資や駐車場開発費用がかさんだほか、1月に豪州系の駐車場運営会社を買収した際の手続き費用やのれん代の償却が重なり、減益となった。

 カーシェアリングとレンタカーのモビリティ事業は、売上高が15%増の157億円。セグメント営業利益が1%減の22億円だが、17年5〜7月期の3カ月間では11億円と37%増え、3四半期ぶりに増益を確保した。

 海外の駐車事業の売上高は11倍の158億円、セグメント営業利益は1億円。1月に買収したセキュアが連結対象に加わったことによる。来期はセキュアとNCPが年間を通じて加算されるため、海外の駐車場収入は大幅に伸びることになる。

 17年10月期(通期)の売上高は前期比19%増の2310億円、営業利益は5%減の203億円、純利益は5%減の132億円になる見通し。当初、営業利益は13%増の242億円、純利益は15%増の160億円を見込んでいたが、一転して減益となる。売り上げも10億円減額した。

 カーシェアリング事業への先行投資が利益を圧迫する状況が続き、株価は低迷していたが、カーシェアリングの収益が回復してきたことで、この分野での成長に期待が高まっている。M&A費用の計上やのれん代の償却負担をどう克服するかが課題だ。

 パーク24はカーシェアリングの代表的銘柄となった。
(文=編集部)