川島海荷&鹿賀丈史、ジャニーズWEST主演ドラマ『炎の転校生 REBORN』出演へ 最新映像も公開

写真拡大

 ジャニーズWEST主演のNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』に、ヒロイン役として川島海荷、校長役に声優として鹿賀丈史が出演することが発表された。あわせて、公式サイトにて最新ビジュアルと特報映像が公開された。

参考:ジャニーズWEST主演『炎の転校生 REBORN』11月10日配信決定 7人のシルエットビジュアルも

 本作は、『週刊少年サンデー』にて1983年から1985年まで連載された『炎の転校生』を、ジャニーズWEST主演でリブートしたオールジャンル・バトル・コメディ。舞台は、かつて“炎の転校生”と呼ばれた一人の男が設立した、謎のエリート校“種火学園”。偶然にも下の名前が『駆(カケル)』である7人の転校生が、全国の問題がある学校に転校生として忍び込み、内部から学校を改善する極秘ミッションに取り組みながら、No.1“炎の転校生”を目指す模様を描く。

 今回公開された新ビジュアルでは、ジャニーズWESTのメンバー7人がそれぞれのイメージカラーを纏った炎を背景に、それぞれが演じる各キャラクターの個性が紹介されている。

 また、ヒロインの日花里役に川島、種火学園校長に上り詰めた滝沢昇の声優として鹿賀の起用が発表された。原作者、監督と各キャストからのコメントも寄せられている。

【島本和彦(原作者)コメント】原作漫画と全く違う誰も見たことのないドラマだ!自由にやっていただきつつもリスペクトが見える部分もありで大変ありがたいです。観たら間違いなくジャニーズWESTの7人が大好きになる!8話じゃ全然足りない、もっともっと7人の活躍を見せてほしい。

【重岡大毅(シゲオカ駆役)コメント】ぼくのキャラクターはフツーで高校のときのような感覚で違和感ありませんでしたが、ほかのみんながぶっ飛び過ぎていて違和感満載でした!(笑)台本を現場で変更することが多く現場に入るたびドキドキしてましたが常識の通じない雰囲気が作品に出ていると思います!

【桐山照史(キリヤマ駆役)コメント】ずっと笑っていた現場でした。殺陣は京都撮影所で昔からお世話になっていたので安心して挑みました。ただ、今までは本格的な殺陣でしたが、今回はただの時代劇好きなキャラなのであえて下手に演じることが逆に難しかったです。李監督と細かく作り上げた各キャラクターに注目して欲しいです。

【中間淳太(ナカマ駆役)コメント】頭の良い役なので計算しているシーンでは、早口で2〜3行のセリフを4秒で言い切らないといけなかったの でめちゃくちゃ練習しました。ウケを狙いにいくのではなく、あえて真剣にやるからこそ面白いドラマができたと思います! みんなの一生懸命な姿から勇気と笑いを受け取ってもらえたら嬉しいです。

【神山智洋(カミヤマ駆役)コメント】普段の感じから振り切ったキャラクターになりきりました! 衣装着て、ヅラを被ったらもう役に入り込めました。すべてのシーンが楽しく、大好きです。「面白いことを面白いと思わずにやることが面白い」という監督の言葉を大切にして作り上げた作品です。ぜひ、楽しんでください!

【藤井流星(フジイ駆役)コメント】こんなにパンチの効いた役柄は今後ないんじゃないでしょうか。みんなで夏を駆け抜けて青春を一緒に過ごしたような現場でした。台本通りガチガチに演じず、現場での遊びも大切にして演じました。常識の通じないぶっ飛んだ世界観をぜひ、楽しんでください。

【霤朕鰺機淵魯泪清醋髻縫灰瓮鵐函杣分の性格と真逆のタイプのキャラクターを演じたので新鮮でした。コメディというジャンルの難しさを感じつつ、とても勉強になりました。勝ち負けじゃないとわかりつつも現場では、みんなとの違いにライバル心を持ちながら切磋琢磨して作品に挑みました!

【小瀧望(コタキ駆役)コメント】初めてワイヤーアクションも取り入れて挑んだので新たな一面を見せられると思います。自分たちでも一度笑いのツボにはまるとなかなか抜け出せない面白さがありました。大好きな製作陣チームと一丸となって作った作品です。ぜひ、楽しんでもらいたいです!

【川島海荷(日花里役)コメント】日花里は、頑張ってみんなを転がそうとするけど転がしきれていないところが愛らしいキャラクターです。監督からは?マークがいっぱい出るような私が思ってもいない視点からの演出指導を頂きました(笑)。みんなで必死に、そして楽しみながら作ったドラマです、みなさんにもぜひ楽しんでご覧いただきたいです。

【李闘士男監督 コメント】ジャニーズWESTのメンバー全員に、「見てくれる人に楽しんでもらうためならなんでもします!」というエネルギーがほとばしっていたので、僕みたいなおっちゃんが「こいつらと一緒に頑張ろう!」という気持ちにさせられてしまいました。「台本以上に面白くしなければ」という気持ちになって、いろいろと思いついて彼らを困惑させてしまった結果、彼らの魅力を活かしたバカで、暑苦しくて、可愛らしいコメディができました。国内外からどんな反応があるのか楽しみです!

(リアルサウンド編集部)