「大企業に入れば、一生安泰」

昔からそう教えられて育ってきた。

有名大学を卒業し、誰もが知っている大企業に入社。

安定した生活を送り、結婚し子供を育て、定年後は年金と退職金で優雅に暮らす。それが一番の幸せだ、と。

財閥系の総合商社に勤める美貴(26)も、そう信じてきたうちの一人。

大企業で優秀な同僚に囲まれ、華やかな生活を送る日々は幸せ、か?それとも…?

目まぐるしく変わりゆく現代社会で、大企業神話に疑問を持ち始めた美貴の成長物語。




「聞いて。この間の食事会、最悪だったのよ」

美貴は今日、恵比寿の『ビストロ アム』で、定例の女子会だった。乾杯したとたん、同期の杏奈が先週行ったという食事会の話を始めた。

杏奈が明らかに不満そうだったので、「どうしたの?」と聞くと、こう言った。

「男性陣は大手証券会社勤務って聞いてたのに、それは一人だけで、あとは聞いたことないような会社の人だったの」

その話に、美貴は心から同情した。

美貴と杏奈は、財閥系総合商社の一般職だ。食事会をセッティングするとき、相手の男性が大企業勤務であることは、暗黙の了解である。

その時、美貴のスマートフォンが鳴った。

―お疲れさま。日曜日は会える?

2つ年上の彼氏・優太からのLINEだった。早稲田政経卒でメガバンク勤務。1年前、食事会で出会った。

美貴はこれまで、自分と同じような経歴を持った男性(つまり大企業勤務のサラリーマン)以外、付き合ったことはない。

それは美貴の生い立ちを考えれば、ごく自然のことだった。


エリート意識の強い、商社OLの生態とは?


美貴は、都内の中高一貫の女子校を卒業後、慶應の経済学部に進学した。父は商社マン、母は専業主婦だ。父の仕事の関係で幼いころはアメリカにいたので、英語も不自由なく喋れる。

美貴の勤める商社の一般職の女性たちは大抵こんな経歴で、いわゆる“良家のお嬢様”という人種が多い。

派手さはないが落ち着いた物腰は、そこらの“にゃんにゃんOL”には到底及ばない、知的で楚々としたオーラを醸し出している。




美貴は就職活動のとき、当然のように大企業以外は受けなかった。

そして“大企業”という前提のもと、有名企業・人気企業であればあるほど良いと考えていた。

数社内定が出たあと、最終的には2社で悩んだ。大手電機メーカーの総合職と商社の一般職だ。

商社は総合職ではなく、一般職でエントリーした。商社の総合職の女性比率は当時、10%から15%ほどの狭き門だったのである。

今でこそWLBを声高に謳っているが、美貴が就職活動していた5年前、商社の総合職は男社会でハードワークというイメージが強かった。

一方、大手電機メーカーは「仕事と家庭の両立」をアピールしていたし、女性比率も商社より高かった。

しかし最終的に決め手となったのは、両親の反応だ。今の商社に内定をもらったとき、両親は大喜びしてこう言った。

「ここの商社に内定が出るなんて、さすが私たちの娘だわ」

ブランド力がBランクのメーカーより、Sランクの商社を選んだ方が正解だ。両親の反応を見て、美貴はそう受け止めたのだった。

昔から両親の期待に応えて人生を決めることに、あまり疑問を抱かなかった。

そして当時の選択は、今でも決して間違ってはいなかったと思う。

一般職だが安定した給料をもらい、同じような経歴を持った優秀な同僚に囲まれている。

それに何より「大手総合商社勤務」という肩書きは、自分のプライドを存分に満たしてくれるのだ。

だから当然のように、恋愛対象になる男性の勤務先は、ブランド力のある大企業に絞られてくる。

誰もが知るメガバンク勤務である優太は、その点パーフェクトだ。

―今日もまた、上司から飲みに誘われた。。行ってくる。

優太からのLINEが立て続けに届く。彼の勤める銀行は、年功序列が厳しいことで有名だ。特に今の上司は体育会系で、基本的にはその誘いを断れないようだ。

出会ったとき、基幹店の法人営業に異動したての優太は生き生きと働いているように見えたが、最近は会社への愚痴が多い。

―今日も大変だね。がんばって。

美貴はそう返信し、杏奈との会話に戻った。



翌日の土曜日、美貴は表参道に向かっていた。

大学時代の友人であるエミリと、表参道の『ラス』でランチの約束をしていたのだ。

美貴は、エミリに会うのを楽しみにしていた。エミリは美貴とは正反対の“自由人”で、大学卒業後はベンチャー企業に就職。つい最近、赴任先のシンガポールから帰ってきたばかりで、久々の再会なのだ。


エリート商社OL・美貴に、思いもよらぬ一言…!



「美貴、久しぶり。ずいぶん、大人っぽくなったね」

ゆるくウェーブのかかったロングヘアをなびかせながら、エミリは5分ほど遅れて『ラス』に到着した。




父親が貿易会社を営むエミリもかなりのお嬢様だが、美貴にはない、自由で伸びやかな雰囲気がある。

我が道を行くエミリと、優等生ロードを歩んできた美貴は正反対のタイプ。時々、自由気ままなエミリが羨ましく思うこともある。

しかしだからといって、エミリと同じ道を歩みたいかと言われれば、それはまた別だ。“ベンチャー企業勤務”という不安定な人生を歩みたいとは、到底思えない。

「仕事、どう?」

近況報告を一通りしたあと、エミリが聞いてきた。

「うん、だいぶ慣れてきたわ。最近は定時に上がって、ヨガに行ってる」
「ヨガ?」
「そう。あとはそろそろ婚活しなきゃって思ってる」

“定時上がりでヨガ”、そして“婚活”という言葉に、エミリは目をぱちくりさせている。

「婚活ねぇ。優秀だった美貴が、もったいない気もするけど。仕事、楽しくないの?」

仕事が楽しいかなんて、美貴にとってはあまり重要ではない。大切なのは、安定とブランド力だ。

「仕事自体が楽しいかは、分からないけど・・・。お給料は高くないけど安定してるし、20年後には倍になるらしいから、今はある程度我慢、かな」

―20年後には今の倍の給料。

それは、会社にしぶとく生き残っている40代の“お姉さま”たちが、口々に言っていることだ。

しかし、エミリがその答えに納得していないのは一目瞭然だ。

「20年後のために、今我慢してるの?大企業神話って根強いけど、東芝とか今大変じゃない」

そして、とどめをさすようにこう言った。

「今のご時世、年功序列でお給料が上がる保証はないんじゃない?将来、会社が存在する保証も」

エミリのその言葉に、今まで見ないようにしてきた“現実”を突きつけられた気がした。

大企業に入れば、一生安泰。幼いころから漠然と信じていた価値観に、うっすらと雲がかかる。

―今の会社での安定した未来がなかったら、私の人生って・・・?

美貴はエミリの言葉にどう返そうか、考え込んでしまった。

▶NEXT:10月6日 金曜日更新予定
崩壊する“大企業”神話。明かされる才女達の大企業レールの始まり。