Appleは現地時間9月27日にiOS11.1ベータ1を開発者向けに、そして翌28日に登録一般ユーザー向けにiOS11.1パブリックベータ1をリリースしました。
 
海外メディアiPhoneHacksが、iOS11.1ベータ1(およびiOS11.1パブリックベータ1)での変更点を動画つきで解説していますのでご紹介します。

iOS11.1ベータ1での変更点

ロック画面からカメラアプリを開くと、奥から飛び出してくるように見えるロック解除時のアニメーションが若干速く表示されるページの一番上をタップした時のページの表示速度が変化iMessage使用時に入力候補として表示される絵文字の数が増えたAssistiveTouchのメニューが、これまでは必ず画面中央に開かれたのが、アイコンの場所で展開されるようになった(指の近くで開くので便利)AssistiveTouchのSiriとホームのアイコンが新しくなった設定→プライバシーにあるカメラのアイコンが、iOS11で新しくなったカメラアプリのアイコンと同じものに変更

 
このほかにもいくつも変更点がありますが、いずれもマイナーなもののようです。また現時点では、iOS11での導入が発表されている、iCloudとiMessageの同期はまだ行なわれていません。
 
iPhoneHacksがiOS11.1ベータ1での変更点をまとめた動画は以下でご覧ください。
 

 
 
Source:iPhoneHacks,MacRumors
(lunatic)