民進党の前原誠司代表

写真拡大

 9月28日、民進党の前原誠司代表は党両院議員総会で希望の党との事実上の合流を提案した。

 総会前、民進党議員の間には、さぞや悲壮感が漂っているのかと思えば、あちらこちらで談笑する声が聞かれ、辻元清美衆議院議員や枝野幸男代表代行のように顔を引き締めていたのはごく一部だった。ちなみに、白眞勲参議院議員は女性記者に笑顔で「あなたたちも座ったら」と語りかけるなど、フェミニストぶりを見せていた。

 緊張感のない議員の中には、「心すでにあらず」なのか、総会中に居眠りをするという、民進党ならぬ“眠進党議員”の姿も見られた。この議員は、みんなが拍手するときだけ眠りながら拍手するという器用な技も披露していた。

 民進党議員からは「終わるときはあっけないね」「これからこれから」と笑いながら話す声も聞かれ、緊張感のある総会には見えなかった。民進党が事実上の「解党」を迎えた日とは思えなかったのが実感だ。

●「民進党の大安売りだ」とため息をつく議員も

 総会では、各議員の功労表彰が終わった後で、前原代表が以下のようにあいさつした。

「私は、『1強多弱』といわれる今の政治状況に忸怩たる思いをもっています。アベノミクスで景気が良くなっていません。大手は儲かったかもしれませんが、サラリーマンの実質賃金は下がり、国民生活は困窮しています。

 この延長線上で、日本の将来はない。安全保障法制など憲法違反の法律をつくれば、国家の土台が揺らぎます。許すわけにはいきません。我々は、どんな手段を使っても安倍政権を倒します。身勝手な安倍政権を退場に追い込みたい。

 そのため提案をいたしますのが、政権交代可能な二大政党としてのあり方です。これは他党に合流するのではなく、我々が新たなプラットフォームをつくる。みなさん方と議論をし、オールフォーオールとして支え合いの社会をつくることです。

 仲間と理想の社会をつくるために、本日大きな決断しました。そのために名を捨てて実を取り、理想社会をつくりましょう。本日の提案について、みなさん方と一緒に進んでいきましょう」

 前原代表のあいさつは、万感の拍手をもって迎えられた。代表提案は次の3点で、満場一致で了承された。

(1)今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す
(2)民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認申請し、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する
(3)民進党は今回の総選挙で立候補者を擁立せず、「希望の党」を全力で支援する

 しかし、なかにはため息をつき、できたばかりの政党に飲み込まれることに「民進党の大安売りだ。事実上、党を売ったようなものだ。同じ売るなら、なるべく条件を考えて交渉してほしかった」と憤りを隠せない議員もいた。

 総会では反対意見はなかったものの、地域的に異なる環境はどうあるべきか、その他自由党、共産党、社民党などとの連携のあり方、交付金、公認協議の時期、党員サポーターのメッセージの必要性などについて、意見が寄せられた。

●楽観的すぎる民進党、希望の党は公認排除も

 大きなポイントは、衆議院議員が民進党を離党した上で希望の党に参加することが公式に示されたことだ。ただし、前原代表は残存する民進党の代表として党務をこなし、党内唯一の衆議院議員となって、希望の党あるいは無所属で立候補する予定だ。

 参議院議員や地方議員・組織は残る。選挙活動にかかわる資金は、大島敦幹事長によると、「なんらかの工夫をする」とのことだ。また、共産党との連携については、前原代表の「一対一の構図にもっていきたい」という発言にとどまった。

 総会では、「私は希望の党に参加しない」という議員はいなかった。そもそも論でいえば、これは党まるごとの合流ではない。希望の党は、政策や理念の一致を合流の条件に掲げている。たとえば、「安全保障法制や憲法改正、共謀罪などに反対すれば公認はしない」という方針だ。

 前日に行われた希望の党の結党会見で、小池百合子代表、細野豪志衆議院議員、若狭勝衆議院議員は、これについて繰り返し述べていた。しかし、筆者が取材した民進党議員からは「保守もリベラルも受け入れてくれる感触はある」との声が聞かれ、ここに大きな温度差がある。

 希望の党を取材した感触では、場合によっては「民進党のリベラル派は全排除」のシナリオもあり得ると感じた。しかし、前原代表は「一緒になったから、そのあたりは関係ない」と楽観視しており、「合意はできる」と確信しているように見える。

 細野議員は28日にも、公認に関して「『安全保障法制白紙撤回』を言い続ける人は考え方として厳しいと思う」と述べており、希望の党の公認権は小池代表に一任することが決定されている。

 民進党は、あまりにも楽観的ではないのか。筆者と同様の違和感を抱いたのか、朝日新聞は「小池氏から『公認希望者を排除しない』という言質を取っているんですか」と直球の質問を投げかけ、前原代表は「これからお互い調整する」と答えた。

●民進党と希望の党の合流は「対等」か?

 1996年に菅直人氏や鳩山由紀夫氏らが旧民主党を結成した際、合流の意向を示していた新党さきがけの武村正義氏ら、一部の政治家の入党を拒否した例がある。おそらく朝日新聞の記者は、このいわゆる「排除の論理」を念頭に置いて質問したのだろう。

 小池代表が特定の政治家を嫌い、排除する。その可能性は、歴史的に見てもあり得るのだ。前原代表自身も「小沢一郎が嫌い」ということで親小沢派を旧民主党から排除した経歴の持ち主だ。記者会見では、「好き嫌いで政治をしたことは、大きな反省の極み」と述べていたが、小池代表が排除の論理をもって公認者を選別したとしても、なんら不思議ではない。

 ただ、前原代表はあくまで強気で「公認希望者がお願いする筋のものではなく、対等である」という考え方を崩さなかった。しかし、希望の党側は「対等」であると思っているのだろうか。これは、総会に参加した記者の間でも浮上した疑問だ。これに対して、民進党側からは「今後の交渉に委ねられる案件」「全力を尽くす」という説明にとどまった。

 なかには「希望の党から出馬したくない」という議員もいると思われるが、その処遇については未定だ。また、「首班指名については、選挙が終わった後に考える」とのことである。

●政策や理念の一致なき“抱きつき合流”

 希望の党の具体的な政策が発表されるのは、来週だ。つまり、民進党は政策や理念をすり合わせる前に満場一致で希望の党との合流を決定したということになる。「この10日間で政策議論はした」とのことだが、果たしてどのレベルで議論が行われたのかは不明だ。

 いずれにせよ、「今の民進党の不人気ぶりでは選挙は戦えない」という思いは保守派もリベラル派も同じだろう。そのため、「小池人気にあやかって、とにかく当選したい」という思いが透けて見える。なにしろ、民進党の支持率は停滞しており、我が身を守るためにはリベラル派も改革保守の軍門に降らざるを得ない事情がある。

 一部マスコミからは「民進党の“抱きつき合流”」との声も上がっているが、あながち的外れでもなさそうだ。また、合流については民進党の最大の支持母体である日本労働組合総連合会がサポートする姿勢を見せたことも大きい。

 今後、民進党はどのようになるのだろうか。参議院議員、地方議員、地方組織は選挙後も残る予定だ。ちなみに、次の参議院議員選挙は1年10カ月後。「(選挙後に)どう(希望の党と)一緒になるか、相談して決めていく」とのことだ。

 ただ、いくら不人気とはいえ、民進党の98億円といわれる資金、地方組織、運動員や後援者の存在は魅力的だ。資金については毎日新聞が運用方策を聞いたが、前原代表は苦笑いしつつ「もう少しありますが、現時点では未定」と答えた。

 今後、希望の党は民進党に対して、資金の提示を求める可能性もある。民進党議員の「大安売り」発言には、こうした背景もあるわけだ。小池代表の国政登板についての質問も飛んだが、前原代表は「ご本人が決めること」と否定も肯定もしなかった。

 政策や理念の一致なき合流。リベラルの旗を降ろし、改革保守の軍門に降った民進党議員。1人くらいは「私は反対だ」という気骨のあるリベラル系議員がいてもおかしくないと思ったが、誰もいなかったことに言いようのないさびしさを感じた。
(文=長井雄一朗/ライター)