バイエルンがアンチェロッティ監督を電撃解任! 前日にPSG戦で惨敗…

写真拡大

▽バイエルンは28日、カルロ・アンチェロッティ監督(58)を解任したことを発表した。

▽バイエルンは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦で0-3と惨敗。この敗戦が解任を決断するに至ったようで、カール=ハインツ・ルメニゲCEOはクラブの公式サイトで次のようにコメントしている。

「開幕から見せているチームのパフォーマンスは、決して期待に応えられているようなものではなかった。そしてパリで見せた試合では、明らかに我々は答えを導き出すところまで来ていたと思う。そしてサリハミジッチSDと私は、オープンかつ真摯にカルロ・アンチェロッティ監督に対して我々が下した結論を伝えた」

▽昨年の夏にバイエルンの指揮官に就任したアンチェロッティ監督は、ブンデスリーガこそ優勝に導いたものの、CLではベスト8、DFBポカールではベスト4に終わっていた。そして、今季のブンデスリーガでは第3節ホッフェンハイム戦で早くも黒星を喫し、前節ヴォルフスブルク戦では2点差を追いつかれてのドローと、4勝1分け1敗の戦績となっていた。

▽なお、後任はアシスタントコーチを務めていたウィリー・サニョル氏が暫定指揮官となることが発表されている。