ネイマール、カバーニとのPK論争に「メディアのでっち上げ。彼らはプライバシーに立ち入ろうとする」

写真拡大

パリ・サンジェルマンのFWネイマールは、チームメートのFWエディンソン・カバーニとの不和を完全に否定している。

今月17日、リーグ・アン第6節でリヨンと対戦して2-0で勝利を収めたパリSG。だが、この試合でネイマールとカバーニがPKのキッカーを志願して口論に及び、スター軍団の内輪揉めに大きな注目が集まった。

この騒動を吹き飛ばすように、パリSGは27日のチャンピオンズリーグ・グループB第2節でバイエルン・ミュンヘンに3-0と快勝した。ネイマールは試合後、以下のように語っている。

「メディアは多くのストーリーをでっち上げる。知らないことについて、過剰に話題にするんだ。彼らはロッカールームにまで介入して、僕たちのプライバシーに立ち入ろうとする」

カバーニとのPKキッカー争いについて問われると、次のように返答している。

「もう、それについては話した。大衆は真実ではないことを、あまりに多く話し過ぎている。だけどロッカールーム内では、すでに解決した問題だ」

チャンピオンズリーグ制覇に向けては、手応えを感じている。

「僕たちはレベルの高い、素晴らしいチームになっていると思う。チャンピオンズリーグ制覇を夢見ていい。バイエルンに敬意を払うが、パリSGはチャンピオンズに出場している最高峰のチームと肩を並べられる」