ネパールの首都カトマンズにある自宅で、儀式に臨む準備をするトリシュナ・シャキャちゃん(2017年9月28日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ネパールの首都カトマンズ(Kathmandu)で28日、新たに生き神「クマリ(Kumari)」に選ばれたトリシュナ・シャキャ(Trishna Shakya)ちゃん(3)が任命の儀式に臨んだ。

 真っ赤なドレスに身を包んだトリシュナちゃんは父親に抱きかかえられながら自宅を出発。家族らに付き添われながらダルバール広場(Durbar Square)を通り、儀式が行われる同広場の宮殿へと向かった。

 今後トリシュナちゃんは、特別に任じられた付き人の世話を受けながら宮殿で生活する。また思春期を迎えて退任するまで、公の場には必ずクマリの礼装を身に着け、凝った化粧をした姿で登場し、生き神としてあがめられることになる。

 トリシュナちゃんの父親はAFPに対し、「複雑な気分だ。娘がクマリになったのは良いことだが、私たちの元から離れてしまう寂しさもある」と語った。

 クマリはヒンズー教の女神「タレジュ(Taleju)」の化身とされ、今後トリシュナちゃんは年に13回、特別な祝日しか外出が許されないという。
【翻訳編集】AFPBB News