「銀河鉄道の夜の世界を想像するたびに、旅に出たくなる。すごく、時間を忘れるようなおもしろい空間になった。ゆっくりとトンネルを通りながら、童話のストーリーを追って旅に出かけるような気持ちになると思います」

東京スカイツリータウン「すみだ水族館」では、9月29日〜11月19日、アーティスト清川あさみプロデュース『Fairy tale in Aquarium〜水と幻想の世界〜』を開催。「文学の秋」に、宮沢賢治の童話の世界を、清川あさみ流にアレンジし、館内を絵本の挿絵のように美しい世界観で幻想的に彩る。

この特別展では、「銀河鉄道でわたる天の川トンネル 〜「銀河鉄道の夜」より〜」「蟹の親子と輝く泡 〜「やまなし」より〜」「クラゲの森 〜「グスコーブドリの伝記」より〜」の3つのエリアで構成。

銀河鉄道が行くトンネルを体感

長さ約50メートルのスロープの壁と天井に、約5000枚の鏡を貼りつめた展示エリア「銀河鉄道でわたる天の川トンネル 〜「銀河鉄道の夜」より〜」では、銀河鉄道で渡る天の川をイメージしたトンネルが出現。水晶やトパーズの河原、りんごと薔薇の匂いがする風、きらきら燃えるとうもろこしの地平線など、宮沢賢治が言葉で描いた情景を、清川あさみが映像化。約50メートルの鏡張りの空間で、宇宙を漂うクラゲたちを眺めながら、美しい銀河のトンネルをくぐり抜ける……といった体験ができる。

開催前日に清川あさみ登場「すみだ水族館の大ファン」

9月28日、今回の特別展をプロデュースした清川あさみがメディア発表会に登壇。「もともとすみだ水族館の大ファン。(こうしたコラボを)運命だなって思いました。飼育係の愛着も感じ、雰囲気もほかの水族館と違う。水槽のレイアウトも美しい。なかなかこういうところはない」と伝えた。

「チンアナゴが面白い。何考えてるんだろうって。同じ方向に向いてて、どこか懐かしい感じ。デザイン的にもシュッとしている。うちの息子はクラゲやシャチが大好きですね。家族で水族館フェチです。出会っちゃった感がありますね。『あ、ここ好き』って感じです」

物語「やまなし」をイメージした映像も

また、「蟹の親子と輝く泡 〜「やまなし」より〜」では、物語「やまなし」をイメージした高さ約7メートルの映像が投影され、きらきらと光が差し込む水面を、水の底から見上げるような感覚に。清川が同展のために新たに制作したオリジナル作品で、蟹の親子と優しい光、いくつも輝く泡の世界が映し出される

さらに、この特別展にあわせてカフェでもスペシャルメニューが登場。ペンギンカフェでは、銀河を漂うクラゲをイメージした期間限定オリジナルメニュー「銀河系スイーツプレート」「Fairy tale ソーダ」が期間中販売される。

「銀河系スイーツプレート」は、白いクラゲのようにふわふわとしたモンブランが、星くずを散りばめた銀河のようなベリーソースに浮かぶイメージ。「Fairy tale ソーダ」は、クラゲのような綿あめが乗ったオリジナルソーダ。刺繍アートで使われている色とりどりのスパンコールやビーズをイメージしたカラフルなゼリーのボールが梨ソーダに入っている。