バイエルン公式、日本の有名アニメ画像で大敗表現 ファンから反響「ネット上で勝利」

写真拡大

「ネイマールが3点目を決めた……」の文言とともに「魔女の宅急便」のワンシーン

 現地時間27日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2戦の最注目カード、パリ・サンジェルマン対バイエルンは3-0でPSGが快勝した。

 トドメとなったのはブラジル代表FWネイマールのゴールだったが、バイエルンの英語版公式ツイッターがそのショックを、なぜか日本の超名作アニメのGIF画像で表現している。

 試合はバイエルンがボール支配率を高め、数多くチャンスを作る展開となったが、PSGが誇る“MCNトリオ”(キリアン・ムバッペ、エジソン・カバーニ、ネイマール)に屈する展開となった。前半2分にネイマールのパスからブラジル代表DFダニエウ・アウベスのゴールで出鼻をくじかれると、同31分にはフランス代表FWムバッペのキープを起点にウルグアイ代表FWカバーニに追加点を許した。

 そして後半18分のことだった。再びムバッペに右サイドを切り崩されてラストパスをゴール前に送られると、混戦で一足早くボールに触れたネイマールにゴールへと蹴り込まれ、決定的なゴールを許す。これによって敗戦濃厚になり、同ツイッターは「ネイマールが3点目を決めた……」と意気消沈した文言とともに、ある画像を添付した。

 それは日本アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の作品として知られる「魔女の宅急便」のワンシーンだ。主人公のキキが魔女としての修行が上手くいかず打ちひしがれて、トレードマークであるホウキが立てかけてあるベッドに顔からバタンと崩れ落ちるシーンだった。

「僕らはげんきです」の逆襲なるか

 このツイートに対して「(カルロ・)アンチェロッティ監督は去って、(ホッフェンハイムのユリアン・)ナーゲルスマン監督を雇えよ。それで若いチームにしろ」と直球で批判するものもあれば、「悲惨なキキだ」「そのつぶやき、インターネット上では勝利したな!」というユーモアで返すリプライもあった。

 フランス強豪に完膚なきまでに敗れ去ったバイエルン。映画公開時のキャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」だが、果たしてドイツ王者は「おちこんだりもしたけれど、“僕らは”げんきです」と笑い飛ばせるほどの逆襲を、ここから見せられるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【画像】バイエルン公式ツイッターに投稿、CLパリ・サンジェルマン戦、「魔女の宅急便」の一場面で大敗を表現

https://twitter.com/FCBayernEN/status/913133287413096448

バイエルンが公式ツイッターに投稿、CLパリ・サンジェルマン戦の大敗を「魔女の宅急便」の一場面で表現