レアル・マドリーは今季リーガエスパニョーラ序盤戦でつまずいている。だがクラブのジネディーヌ・ジダン監督への信頼は揺らいでいないようだ。

マドリーは今季リーガで第2節レバンテ戦(1-1)、第4節バレンシア戦(2-2)、第6節ベティス戦(0-1)と本拠地サンティアゴ・ベルナベウで3試合連続未勝利に終わっている。首位バルセロナとの勝ち点差は、すでに7ポイント差だ。

しかし、クラブはジダン監督を信頼し続けている。15-16シーズン、就任半年でチャンピオンズリーグ(CL)制覇を達成。16-17シーズンには、前人未到のCL連覇、リーガ優勝を成し遂げた。マドリーにとって、CLとリーガの2冠は59年ぶりの快挙だった。

マドリーは、2016年1月から2017年1月まで30勝10分けと40試合無敗を記録。先のベティス戦でノーゴールに終わるまで、73試合連続得点を記録して、サントスが保持していた世界記録に並んだ。ジダン監督が率いるチームは、まさに記録づくめなのだ。

「これは挑戦だ」と、CLグループH第2節ボルシア・ドルトムント戦を前に指揮官はそう語った。ジダン監督の次なる挑戦、それはベルナベウでの勝利、そして2009年にジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナで達成した夢の6冠である。