@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

PSA 新型ピックアップトラックを開発

プジョー/シトロエンを擁するGroupe PSAが、中国の長安汽車と協力し、ピックアップトラックを開発すると、正式に認めた。

欧州および世界で拡大するマーケットに向けて、2020年までに市場投入する予定だ。AUTOCARの予想イメージ(画像赤)をご覧頂きたい。

6月に合意した内容によれば、完全新設計のプラットフォームを開発。日産ナバラ、ルノー・アラスカン、三菱L200の競合車を生産するという。
 

プジョー ピックアップをアフリカ向けに生産中

実のところプジョーは、現在「ピックアップ」というモデルを生産している。しかしそれは、東風汽車の「リッチ」のバッジエンジニアリングで、アフリカ市場に向けた製品だ。

このため、PSAが欧州展開するモデルとしては、1990年代まで発売されていたプジョー504ピックアップ仕様以来の登場となる。


なおメルセデス・ベンツも、Xクラス(画像白)をフランクフルトショーで展示するなど、自動車業界はピックアップトラックのマーケットに熱い視線を送っている。