インサイドハーフは香川、倉田、小林に加えて井手口がポジションを争う構図となる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 日本協会が9月28日、キリンチャレンジカップのニュージーランド戦(10月6日)とハイチ戦(10月10日)に臨む日本代表のメンバー24人を発表した。ここでは、基本システムの4-3-3に沿って、MF&FWの序列を考察する。
 
【MF】
アンカー:◎山口蛍(C大阪)/〇遠藤航(浦和)
インサイドハーフ:/◎井手口陽介(G大阪)/◎香川真司(ドルトムント)/〇倉田秋(G大阪)/〇小林祐希(ヘーレンフェーン)
 
 アンカーのレギュラーだった長谷部誠(フランクフルト)が選外となったため、ダブルボランチ+トップ下の構成も予想されるが、ここでは主戦システムになりつつあるアンカー+インサイドハーフの形で序列を予想した。
 
 アンカーの一番手は高い守備力を備える山口だろう。もっとも機動力に長けた山口はクラブでも代表でも“中盤の重し”となるアンカーを任された際は、やや窮屈な動きを強いられている。その点では、ハリルホジッチ監督が「パワーをこの代表にさらにつけてもらいたいと呼んだ」と語る遠藤を試す可能性も十分にある。いずれにせよ、長谷部不在時の良いシミュレーションにはなるはずだ。
 
 インサイドハーフは急成長中の井手口と、指揮官のなかではいまだに評価が高いはずの香川に「◎」をつけた。
 
 ただし、井手口も絶対的な存在ではなく、香川も「ゲームに出ているものの、完全にポジションを取ったわけではない」(ハリルホジッチ監督)。クラブでレギュラーとして活躍するG大阪の倉田とヘーレンフェーンの小林はコンディションに問題はなく、2連戦のアピール次第では序列が覆る可能性もあるだろう。

【日本代表PHOTO】ニュージーランド・ハイチ戦へ向けた招集メンバー24人
【FW】
CF:◎大迫勇也(ケルン)/〇杉本健勇(C大阪)/〇武藤嘉紀(マインツ)
右ウイング:◎浅野拓磨(シュツットガルト)/〇久保裕也(ヘント)
左ウイング:◎乾貴士(エイバル)/〇原口元気(ヘルタ・ベルリン)
 
 CFの軸は大迫で異論はないだろう。正確かつ力強いポストプレーは他の追随を許さない。ただ、ハリルホジッチ監督は岡崎慎司(レスター)を招集せず「杉本と武藤にチャンスを与えたいと思った」と胸の内を明かす。
 
 9月5日のサウジアラビア戦(ワールドカップ最終予選)で代表デビューを飾った杉本は「まだまだ甘いと感じた」と初陣は不発に終わり、武藤も8月31日のオーストラリア戦(ワールドカップ最終予選)はベンチメンバーから外れた。ともに前回の活動で悔しさを味わっただけに、今回の連戦に懸ける想いは強いはずだ。
 
 本田がメンバー落ちした右ウイングは浅野と久保が争う。ただ、先のオーストラリア戦で結果を残した浅野が現状では一歩リードか。「ストライカーとして点を取ってほしい」と指揮官は期待を寄せるだけに、ともに目の見える結果でアピールしたい。
 
 一方、左ウイングでは原口の状態が心配される。ハリルホジッチ監督も「試合にあまり出ていない。しかし(原口)元気は代表では毎回良いパフォーマンスを見せてくれています。彼を励ます意味も含めて呼びました」と気に掛ける。
 
 翻って原口とポジションを争う乾は、エイバルでレギュラーを張っており状態は良さそうだ。この機会に足場を固めたいところだろう。
 
文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)