相手の優位性を認めたシメオネ

写真拡大

アトレティコ・マドリードの指揮官、ディエゴ・シメオネは27日水曜日に行われたチャンピオンズリーグ第2節のチェルシー戦に1-2で敗れた後、チェルシーの方が優れていた事を認めた。

「相手の方が優れていた。彼らの方が高いインテンシティを持ち、戦術的にも技術的にも上回っていた。」
試合後、シメオネはそのように話した。

「我々は1-0でリードし、前半終了間際にはサウルのシュートで2-0とするチャンスもあったとはいえ、我々は終始、快適ではなかった。チェルシーの勝利は正当な結果だ。何故なら彼らはより良いプレーをしたからね。」
そのように続けた。

ロヒ・ブランコの指揮官はチェルシーの2点目が93分に訪れた事に落胆している事を否定した。

「そうは考えていない。私は自分が見たものに公正である必要がある。同点は我々にとって良い結果だった。彼らはラストプレーで忍耐強く非常に上手くボールを動かし、試合を解決した。」

さらにシメオネはチェルシーのスペイン人ストライカー、アルバロ・モラタを賞賛した。

「彼は非常に素晴らしい選手だ。だからスペイン代表でプレーしている。だからレアル・マドリード、ユベントスでプレーし、現在はチェルシーでプレーしているんだ。チームをより強力にする重要な選手だ。彼は素晴らしい試合をした。」
昨夜、アトレティコを相手に"ブルース”の同点ゴールをマークした男についてチョロはそのように語った。