サブウェイでは「お肉好きを唸らせるスペシャルイベント」と称して、「ローストビーフ〜プレミアム製法〜」の肉を2倍に増やした「ダブルローストビーフ〜プレミアム製法〜」が2017年9月28日から30日までの3日間限定で、通常追加トッピングで注文すると税込920円であるのに対して税込680円で提供されます。果たしてどれだけのボリュームなのか実際に食べて確認してみました。

肉好き必見!「ダブルローストビーフ〜プレミアム製法〜」限定発売 │サブウェイの新着情報│プレスリリース│おいしい!をはさもう。野菜のサブウェイ公式サイト

https://www.subway.co.jp/press/year2017/news2116/

サブウェイに到着。



お店のメニュー一覧には「肉2倍!!」と力強く主張するポスター。



注文すると目の前でサンドイッチを作ってくれるのですが、店員さんがこれでもかとばかりに肉を載せてくれています。



とりあえずおまかせで注文したので、パンはウィード、ドレッシングは公式サイトでもおすすめの「わさび醤油」ソースです。並べるとiPhone6よりも一回り大きいのが分かります。



通常の「ローストビーフ〜プレミアム製法〜」と比較したところ。通常の「ローストビーフ〜プレミアム製法〜」はローストビーフが5枚ですが、ダブルの方は10枚で、きっちり2倍のお肉が乗っています。



一口食べてみるととにかく肉の量が多く、「本当にこれはサンドイッチなのか?」と思ってしまうぐらい弾力にあふれています。おすすめのわさび醤油ソースはかなりわさびの風味が強く、最初食べているうちは「少しぴりっとしていいかも」という程度だったのが、次第に辛さが増幅し、目には涙が浮かびます。辛さに慣れていない人には少し厳しい辛さでした。



ところでサブウェイはソースやパンズが多種多様にあり、自分の好みに合わせて色んな味を選択できるのが特徴です。わさび醤油ソースをおすすめされはしましたが、本当にわさび醤油ソースが一番合っているのでしょうか?そこで「オイル&ビネガー」「ハニーマスタード」「マヨネーズ」「バジル」「シーザー」「野菜クリーミー」「わさび醤油」「ホットペッパー」「バルサミコ」、そして期間限定の「スパイシーBBQソース」の10種類で「ダブルローストビーフ〜プレミアム製法〜」を作ってもらい、編集部員5人で食べ比べてみることにしました。



各自が最も気に入った味と最もピンとこなかった味を投票。特に会話もなく、全員が真剣に食べ比べていきます。



結果、一番人気だったのは「わさび醤油」と「シーザー」に二分。「わさび醤油」については「わさびの刺激がさっぱりした肉と野菜に合う」「やはり醤油の塩気は偉大、遙か昔から塩が必需品として交易される理由が分かる」という意見が。



また「ダブルローストビーフ〜プレミアム製法〜」はとにかく野菜がたっぷり入っているので、ドレッシングとしても非常にメジャーな「シーザー」は他のソースよりも比較的マッチ。



最も人気が低かったのは、意外にも「スパイシーBBQソース」でした。BBQソースということで期待値は大きかったものの、もともとは2017年8月23日から9月30日まで期間限定の新味「アメリカンポークリブ」用だからか、ローストビーフに合わせるにはあまりにも辛過ぎるソースでした。特に辛いものが苦手な編集部員からは「あまりにも辛すぎて舌がひりひりしてびっくりした」という声も。



サブウェイではソースの他にもパンの種類やトッピングの追加もあり、自分の好みに合わせてさまざまな注文が可能です。「ダブルローストビーフ〜プレミアム製法〜」は、2017年9月28日〜30日限定で税込670円にて提供されています。