アンティークな「鳥かご」が、インテリアにとてもおしゃれって、皆さんはご存じでした?

ガーデンや玄関先、お部屋にディスプレイしても、とてもかわいいんですよ。

これからの季節、ドライフラワーや植物たちとも好相性のなんちゃって「バードケージ」を作ってみませんか?

そこで今回は、100均アイテムで簡単DIY「バードケージ風バスケット」の作り方をご紹介させていただきます。

■材料は100均アイテムの「ワイヤーメッシュラティス」と「結束バンド」だけ!

材料は、100円ショップで売られている「ワイヤーメッシュラティス」

もうすでに“つや消し”になっているアイアン風のアイテムです!

かごの本体に5枚、扉をつくるならさらに1枚を加えた6枚が必要になります。

さらに組立てには、こちらの細い「結束バンド」を使います。

こちらも100円ショップで買うことができます。

では、工程順に作り方をご説明しますね。

■工程1:工具は一切不要!ワイヤーメッシュラティスを手で曲げて「箱」部分を作る!

まず「ワイヤーメッシュラティス」を縦に3枚並べて、1辺につき3か所くらい「結束バンド」で止めます。

結束バンドは、穴同士に通してキュッと引っ張ると、もう取れません。

穴から出ているバンドは、ギリギリのところで切って大丈夫です。

今回は黒いものを使っているので目立たず、遠くから見ると金具のようになります。

ワイヤーメッシュラティスの2枚は、短辺と同じ長さになるように長辺を折り曲げます。

上の写真のように、棚の角を使ってエイッと力づくで曲げます。

まず周りの硬いフレームを曲げ、次にワイヤー部分を順に曲げていくと上手に曲げられます。

折り曲げたパーツを結束バンドでとめます。

これで上に少し隙間のある、かごができました!

■工程2:「扉」はあくまでお好みで!ニッパーとペンチでラクラク組立て!

扉はあってもなくても大丈夫です。お好みで作ってください。

扉を作る際は工具が必要です。

隙間のサイズよりも少し大き目に、ネットを「ニッパー」で切り、サイズぴったりにフレームを「ペンチ」で曲げます。

不要なアイアンフレームを切るペンチは、上の写真のような100円ショップで売っているものを使うのがいいでしょう。

次は、サイズぴったりに曲げたフレームに、ネットをねじりとめます。

ペンチでねじりとめたら、不要な部分はニッパーで切り扉のできあがりです。

結束バンドで、扉を取り付けるとこんな感じになります!

■工程3:「アクリル絵の具」を使って、古びたアンティーク調にペイント!

すこし古びたアンティークを模して錆びた風に見えるように、身近な材料でペイントしてみます。

アクリル絵の具の「黒」と「茶」とメラミンスポンジを使います。

上の写真のように混ぜてスポンジにつけたら、ランダムにたたきつけるだけ。

すると、あっという間に錆びた雰囲気が出せます!

■「チェーン」で吊り下げればガーデンにもぴったり!どこでも雰囲気が出る「バスケット」

ご覧のように、ドライフラワーやフェイクグリーン、木の実など、ニュアンスのある自然素材などとも、とても相性のいい「ワイヤーバスケット」ができました!

「チェーン」を使って吊り下げても雰囲気が出ます。

このようにすれば、ガーデンにもぴったりです。

いかがでしたか?

これからの季節いろいろな素材を入れて楽しめますので、ぜひ皆さんも作ってみてくださいね!