本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 パチューカのFW本田圭佑は、現地時間27日に行われたメキシコ1部リーグのクルス・アスル戦で得点を決めた。メキシコ『マルカ』が、同選手のゴールを称賛している。

 82分からピッチに立った本田は、89分に左足のミドルシュートで移籍後2点目を挙げた。このゴールでダメ押しに成功したパチューカは、4-0の勝利を収めている。

 同メディアは、「本田圭佑がクルス・アスル戦でゴラッソ」と記事にタイトルを付け、「真のゴラッソを決めた」「(相手GKの)ホセ・コロナはノーチャンスだった」と記した。

text by 編集部