熊谷アンドリュー【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J2のジェフユナイテッド千葉は28日、同クラブに所属するMF熊谷アンドリューが27日に暴行容疑で警視庁に逮捕されていたことを発表した。

 千葉は「事件に関する詳細は分かっておりませんが、本日9月28日夕刻、処分保留で釈放されています」と熊谷の状況について報告。「当該選手につきましては今後明らかになる事実関係を踏まえ、あらためてクラブとしての対応をお知らせいたします。また、今後このような事象が二度と起こらないよう、選手やスタッフに対する指導を徹底してまいります」と記した。

 代表取締役の前田英之氏は、「弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事象が起きたことについて、誠に申し訳なく思っております。そして、ジェフユナイテッド市原・千葉を支えてくださっておりますファン、サポーター、スポンサー、地域の皆さま、またJリーグを支えてくださるすべての皆さまに、心よりお詫び申し上げます」とコメントしている。

 熊谷は横浜F・マリノスの下部組織出身で過去に世代別代表も経験している24歳のMF。昨年ツエーゲン金沢に期限付きで加入してシーズンを通してコンスタントにプレーしたあと、今年は千葉に期限付きで加わった。今シーズンはJ2で27試合に出場している。

text by 編集部