FWゴンサロ・イグアインが公式戦5試合ぶりの得点に歓喜する

写真拡大

[9.27 欧州CLグループリーグ第2節 ユベントス2-0オリンピアコス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第2節2日目が27日に行われた。グループDのユベントス(イタリア)対オリンピアコス(ギリシャ)の一戦は、ホームのユベントスが2-0で勝利した。

 FWゴンサロ・イグアインは後半15分からの途中出場となった。すると同24分、左サイドをオーバーラップしたDFアレックス・サンドロのクロスをイグアインが右足で合わせる。一度目は相手DFに阻まれたが、こぼれ球を押し込んで均衡を破った。

 9日のセリエA第3節・キエーボ戦(3-0)以来となる公式戦5試合ぶりの得点になったイグアイン。開幕から動きに精彩を欠き、セリエA第6節・トリノ戦(4-0)からはベンチスタートに甘んじていた。今試合でもベンチスタートとなったものの、途中出場で結果を残して得点後は歓喜の雄たけびを上げた。

 試合後のインタビューでイグアインは「私のキャリアの中でも最高の瞬間のひとつだった。家族、友人、サポーター、チームメートに感謝したい。彼らの助けがあってこそだった」と振り返った。

 エースの復活にチームメートたちも称賛を送る。GKジャンルイジ・ブッフォンは「今日は彼の得点が必要だったんだ。脱帽だよ。最高に嬉しかったよ」と感無量。DFアンドレア・バルザーリも「彼がどれだけすごいか知っているから、全然心配なんてしていなかった。彼が途中出場で出てきたタイミングでうまく流れを変えられたね」と振り返った。


●欧州CL17-18特集

●セリエA2017-18特集