海外のとある消防隊員が、
「われわれの消防署の隣には警察署がある……罠を仕掛けてみた!」と、海外掲示板に紹介していました。

写真をご覧ください。

 

Our fire station is next door to the Police department. Pranks ensue.


んん、何やら大きな箱が?


「ドーナツ、ご自由にどうぞ」

なんという、あからさまなトラップ!

さすがにこんなの誰も引っかからないと思いきや……。

[画像を見る]
パトカーを停めて、じっと見つめてるし!

実にお茶目ですが、消防署と警察署の関係性が伝わってきますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●警官「ふぅ……なんじゃこりゃ」

↑「おい、無料のドーナツがあるぞ!」
「フランク、やめとけ、先週どうなったか思い出せ」

●なんだか有効に見えないな。いったい何を罠にはめるってんだ。ダルメシアンの子犬か?

↑そうだよ。だが優れたジョークにするには、もっといる。100匹くらい。
(「101匹わんちゃん」はダルメシアン)

●爆弾処理班のロボットが、そのドーナツだけを安全なところへ移動できれば良いのに。

●警察官と消防士の共通点とは?
―どちらも消防士になりたかった。

●これを思い出した。2012年の春に、カナダのケベックで行われた学生のストライキ。本当に面白いと思ったよ。
[画像を見る]

●これは箱に火をつけるべきじゃないのか。

●警官がそこに歩いていって、しゃがんでドーナツの箱に火をつけて去るところを、ぜひ見たい。


さすがに警官も釣られなかったと信じたいところですが、欧米人のドーナツ好きを考えると否定しきれないところではあります。

【海外の消防士「となりが警察署なんだが…こんなトラップを仕掛けてみた」】を全て見る