グループステージ時も対戦し翻弄された上海上港に対し、今回は明確な役割分担で前線のキーマンたちを抑えにかかった。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 ACL準決勝。浦和は強烈な個の力を持つ上海上港を相手に、敵地での第1レグを1-1の引き分けで終えた。

 
 川崎との日本勢対決となった準々決勝では第1レグを1-3で落としながら、続く第2レグを新システムの4-1-4-1で臨むと、立ち上がりに先制を許しながら4-1と逆転。2戦合計5-4として、奇跡的な準決勝進出を果たした。
 
 川崎戦で手応えを得た浦和はその後も4-1-4-1を採用し続けたが、天皇杯4回戦では鹿島に2-4で敗れ、リーグも2戦引き分けの勝利なしと苦しい状況が続いた。国内でのここ数試合は、特に守備面に問題を抱えていることは明らかだったが、上海上港戦も4-1-4-1のフォーメーションが変わることはなかった。
 
 ただ、これまでと違ったのは、新システム導入以降の公式戦5試合すべてに先発出場していた森脇良太が外れ、本来は中央でプレーする遠藤航が右サイドバックに入ったことだった。堀孝史監督は、その理由を明確に説明していなかったようだが、遠藤は「狙いとして守備から入るということが一番で、自分をサイドバックにしたのもそういう意図があったんだと思う」と解釈した。
 
 浦和はマンツーマンでこそないが、基本的にサイドバックが相手のウイングをケアする。つまり遠藤がウー・レイ、槙野智章がフッキをマークし、センターの阿部勇樹とマウリシオの一方がエウケソンを見ながらもう一方がカバーに入る。 そしてトップ下のオスカールをアンカーの青木拓矢が注視した。
 
 ペトロヴィッチ前監督時代の3-4-2-1では、守備の際には実質5-4-1または5-2-3で守っていたことを考えれば、最終ラインとボランチが1枚ずつ減ったことになる。しかし、選手たちは与えられた明確な守備の役割を全う。フッキに個人技で1ゴールを許したものの、同点に追いついた後、とりわけ後半はほぼ一方的な展開で上海上港の猛攻を受けながら、追加点を許さなかった。
 
 守備だけではなく、攻撃でも4-1-4-1での狙いが結果につながった。ペトロヴィッチ監督が採用していた可変システムの攻撃時の形と同じだが、攻撃を作る形はやや異なる。ペトロヴィッチ監督時代にシャドーと言われていたポジションは1トップの下、3人のコンビネーションが最重要であり、シャドーもどちらかと言えばFWに近い働きが求められていた。
 しかし、現在のインサイドハーフはFWよりも中盤に近い。攻撃の際にも引いてボールを受けることが多く、1トップが孤立しやすいのだ。そのため興梠慎三は「今のフォーメーションだと自分にボールが入ってくるのは難しい」と理解していた。そして興梠は「(柏木)陽介や青木がボールを持った時には足もとというよりは裏を狙っていきたい」と考え、「青木に『出せ』と言っていた」。
 
 その狙いがまさに的中したのがゴールシーンだった。青木がボールを持つと、興梠が一気にディフェンスラインの裏へ走る。それを感じた青木が浮き球のパスを送ると、興梠は一度は置き去りにしたDFシー・クーに寄せられながらも、後方から走り込んできた10番に対してワンタッチで落とす。そして柏木が利き足ではない右足を振り抜きゴールを決めた。
 
 柏木のゴールはこの試合、唯一の枠内シュートであったが、4-1-4-1導入で以前にも増して強くなった裏への意識により、貴重なアウェーゴールを手に入れた。
 
 まだまだ課題は多い。リーグ戦のように主に浦和が攻め、相手がカウンターを狙ってくる戦いと今回の上海上港戦のような戦いは本質的に異なる。それでも、準々決勝の逆転劇の勢いを継続し、アウェーで最高ではないがポジティブな結果を残した。その要因には4-1-4-1というシステムの特性を理解し、有機的にそれを機能させた選手たちの奮闘があった。