本田ら“常連組”は選外に。一方で車屋が初選出された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 日本協会が9月28日、キリンチャレンジカップのニュージーランド戦とハイチ戦に臨む日本代表のメンバー24人を発表した。日本は10月6日に豊田スタジアムでニュージーランドと、10月10日に日産スタジアムでハイチと戦う。
 
 2連戦に向けてヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、パチューカの本田圭佑、レスターの岡崎慎司、フランクフルトの長谷部誠ら“常連組”を選外とした一方、川崎の車屋紳太郎を初招集した。
 
 指揮官は「2試合とも違ったメンバーで戦うことになると思う。そのなかでそれぞれの選手にチャンスを掴んでほしい」と競争を煽る発言を残しており、ニュージーランド戦、ハイチ戦ともにロシア・ワールドカップに向けて貴重な“テストの場”となりそうだ。
 
 ここでは24人のメンバーの顔触れとともに基本システムの4-3-3に沿って、GKとDFの序列を考察していく。
 
【GK】
◎川島永嗣(メス)/〇東口順昭(G大阪)/△中村航輔(柏)
 
 実績と実力を考えれば、川島が一番手で間違いない。ただ、「内転筋に少し問題がありましたが合宿に来ます。そこでチェックしたいと思います」(ハリルホジッチ監督)と、コンディションには不安を抱えているようで、無理に起用する必要はないだろう。
 
 さらに指揮官は「東口をゴールマウスに立たせることがあるかもしれません」とも言及しており、東口が昨年3月のアフガニスタン戦(ワールドカップ2次予選)以来の先発に名を連ねる可能性は高い。
 
 また、本当にニュージーランド戦とハイチ戦でメンバーを代えるならば、第3GKの中村にもチャンスはあるはずだ。6月7日のシリア戦(キリンチャレンジカップ)で初選出。ここ3戦はベンチ入りしている新進気鋭のGKは柏で不動の地位を築き、調子も悪くない。ここで経験を積ませるのも悪い手ではないだろう。

【日本代表PHOTO】ニュージーランド・ハイチ戦へ向けた招集メンバー24人
【DF】
CB:◎吉田麻也(サウサンプトン)/◎昌子 源(鹿島)/△植田直通(鹿島)/△槙野智章(浦和)
右SB:◎酒井宏樹(マルセイユ)/○酒井高徳(ハンブルク)
左SB:◎長友佑都(インテル)/△車屋紳太郎(川崎)
 
 CBのファーストチョイスは直近の3数試合でコンビネーションを高めた吉田と昌子だ。吉田は不動のディフェンスリーダーであり、その相棒を務める昌子も安定感を増している。
 
 バックアッパーは植田と槙野が控える。このふたりに対してハリルホジッチ監督は「槙野はブラジル人に対して良いゲームができたと思います(ACL準決勝の上海上港戦でフッキをマンマークした)。植田は9月23日のG大阪戦で非常に良いパフォーマンスを見せていました」と好意的なコメントを寄せている。CBの選手層を底上げする意味でもチャンスは与えられるか。
 
 一方、左SBでは長友の優位性は揺るがない。ただし、「左利きの左サイドバックを探しています。サイドバックは攻撃でも守備でも大きな役割を担うポジションです」と前置きしたうえで、「攻撃も守備もできる選手」とハリルホジッチ監督が評した車屋は興味深い人材と言える。指揮官は「どこまでのレベルでできるのかを見たい」とも語り、出番が回ってきた際にどんなパフォーマンスを見せられるか注目だ。
 
 川崎では快足を飛ばしたオーバーラップでチャンスを演出し、有事にはCBもこなす確かな守備力も併せ持つ。長友とはタイプが違うだけに、アピール次第ではサバイバルを勝ち抜く可能性も十分にあるだろう。
 
 右SBはこれまでと同様に“ダブル酒井”の争いになる。もっともマルセイユで出場機会を掴む酒井宏に対し、ハンブルクの酒井高は9月24日のレバークーゼン戦こそフル出場したが、ベンチを温める時間が続く。コンディションには明らかな差がありそうだ。
 
※凡例:◎=スタメン候補 ○=準レギュラー △=三番手
 
文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)