画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本HPは9月28日、バックパックのように背負えるワークステーション「HP Z VR Backpack G1 Workstation」を発表した。11月下旬の発売を予定し、オンラインストア「HP Directplus」での価格は税別580,000円。

本体を専用のハーネスに装着して背負えるPCで、VRヘッドセットを活用して危険な環境での作業や医療訓練といったシミュレーションから、仮想ショールームでの製品の確認、VR体験施設でのアトラクションといった用途を想定する。

ホットスワップ対応のバッテリを内蔵し、VRヘッドセットを使う際にコードを気にせずにVR空間を自由に動いて高い没入感が得られる。また、ドッキングステーションに取り付けることで通常のデスクトップPCとしても利用できるという。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7820HQ(2.9GHz)、チップセットがMobile Intel QM175、メモリが32G、ストレージが512GB SSD(TLC NAND)、グラフィックスがNVIDIA Quadro P5200 16GB、OSがWindows 10 Pro 64bit。

通信機能がIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2

。インタフェースがUSB 3.1 Gen2 Type-C×1(Thunderbolt 3対応)、USB 3.0×2、HDMI 2.0×1、Mini DisplayPort×1、ヘッドホン出力/マイク入力コンボポート×1など、

ドッキングステーションの通信機能はギガビット対応有線LAN、インタフェースは、USB 3.0 Type-C×1、USB 3.0×5、HDMI 2.0×1、DisplayPort×1。

本体サイズはW236.4×D60.9×H333.5mm、重量は2.60kg(外付けバッテリを含むバックパックキット装着時4.658kg)。