リーガMXで2ゴール目を決めたパチューカの本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

82分からFWの位置でピッチに立った本田

 27日、リーガMX(メキシコリーグ)第11節が行われ、本田圭佑の所属するパチューカはクルス・アスルとの一戦を迎えた。本田は82分から途中出場し、89分に左足からリーグ戦2ゴール目を記録。優勝を争うプレーオフ進出に向け、パチューカの救世主となることはできるだろうか。(文:河治良幸)

----------

 パチューカの本田圭佑が8分という短い出場時間でゴールを決めた。リーガMXはメキシコ中部で発生した大地震の影響により第10節の開催が中止となり、第11節の日程と開催スタジアムも一部変更。本田を擁する14位パチューカはアウェイの予定だった6位クルス・アスルとの一戦をホームで迎えた。

 本田がベンチスタートとなった試合は、パチューカが効率の良い攻撃で前半に2点をリードする。17分に怪我から復帰したチリ代表のプッチが1トップに張るハラのラストパスから鮮やかな先制ゴールをあげると、37分には10番ウレタビスカヤのパスを受けたMFのグスマンが今季5点目となるゴールをあげる。

 そこからクルス・アスルの激しい攻撃に耐える状況が続いていたパチューカ。アロンソ監督は72分に最初の交替カード(前線のハラに代えてサガルを投入)を切ると、82分にようやく本田を投入する。

 右サイドのエリック・アギーレと同時に投入された本田は[4-5-1]の1トップに張るようなポジションを取り、前からの守備をこなしながら攻撃では相手のマークを引き付ける役割を担う。

 86分にカウンターからグスマンが右のカットインから華麗な左足のシュートで自身2点目となるチームの3点目をあげたが、この場面では本田がペナルティエリア内の中央からワイドに流れ、うまくシュートコースを作っていた。

カウンターからゴールを奪取。パチューカをプレーオフ進出へ導けるか

 そして終了間際の89分、本田にとってリーグ戦2点目となるだめ押しの追加点がその左足によってもたらされる。

 味方のクリアボールをハーフウェーラインの手前で拾った本田は1タッチでウレタビスカヤにつなぐと、そこから縦パスを引き出し、中央をドリブルで進出。立ちはだかるDFシルバをかわし、最後は浮き球のシュートをゴールの右隅に決めた。

 途中出場から短い時間でゴールという明確な結果を残した本田。今後も複数のポジション、先発と途中からの両方で起用されていく可能性が高いが、パチューカの上位進出に重要な存在になりつつあることは確かだ。

 この勝利で12位に浮上したパチューカ。メキシコリーグは前期リーグと後期リーグに分かれ、半年間で1ステージが完結する。残りは延期分も含め7試合。首位のモンテレイとは勝ち点11の差が開いているが、8位までに入れば“リギージャ”と呼ばれる優勝を争うトーナメント制のプレーオフに進出できる。

 8位のラボスBUAPとは勝ち点2差であり、10月1日に行われる次節のネカクサ戦に勝利すればリギージャ圏内に浮上できる可能性もある。

 残りの試合で本田がどう起用され、勝利に貢献していけるのか。それは11月に欧州遠征を控える日本代表、さらには12月のクラブW杯での活躍にも影響してくるはずだ。

(文:河治良幸)

text by 河治良幸