代表とクラブで成長著しい姿を見せる井手口。10月シリーズでは、どんなパフォーマンスを見せてくれだろうか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 10月のキリンチャレンジカップ2試合(ニュージーランド&ハイチ戦)のメンバーに選出された井手口陽介は、所属するG大阪の公式HP上でこうコメントしている。

「今回も選出してもらい、嬉しく思います。毎回結果を出せるように、今回の代表でも練習、試合で頑張ってきたいです!」

 ロシア・ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦で鮮烈なゴールを決めた井手口の持ち味は、確実にボールを奪い切る守備力と90分通して走り切る豊富な運動量だ。ただそれはあくまでベースであり、そこにプラスしてゴールやアシストに絡む、すなわち、結果も残せる選手になることを追い求めてきた。

 オーストラリア戦のゴールは、まさにそうした意識が結実したもの。冒頭のコメントに“結果”というふた文字があったように、今回の10月シリーズでも、攻守両面で勝利に直結する仕事を自らに課しているのだ。

 メンバー会見で「成長し続けている姿は嬉しい。非常に将来性のある選手だと思います」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督から評価された井手口は、果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

「最初に選ばれた時よりかは遠慮なくできているんじゃないかと。最初はビビッていたけど、それも徐々になくなってきた。代表のレベルは本当に高いので、そのなかで納得いくプレーができればまた自信になっていくと思う」(井手口)

 昨年11月にA代表デビューを果たしてから1年余りで、驚異的なスピードで成長している21歳の俊英に、今回も注目の眼差しが向けられそうだ。