諸國沙代子アナ「触らなくてもわかる」と言われたこととは

写真拡大

読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』(関西ローカル)。9月27日の放送回では、女子アナたちの私服へのダメ出しが続出した。

毎週水曜深夜に放送され、金曜と土曜の深夜にも再放送されている同番組。「読売テレビアナウンサーカレンダー2018」の企画の一環で、前回に続き、今回も現役モデルが服を選んでくれる店「セレクトショップ LOUGUE」で写真撮影を実施。骨の形状や筋肉のつき方などから最も似合うファッションを選ぶ「骨格診断」をして欲しいと前に出てきた黒木千晶アナだが、ガダルカナル・タカは「(前回に診断した中谷しのぶアナよりも)こっちの方がより問題児なんですよ」とバッサリ。モデルの望さんが「結構、厚みがある。骨が丸みがあるので着ぶくれしてしまい、太っていると勘違いされやすい」と言うと、タカは「え、太ってないんですか!?」と驚きの表情を浮かべ、「これからは骨が大きいんですって言い訳できるよ」とコメント。

そんな中、黒木アナが自身の私服について「この組み合わせすごくお気に入りで、週に1回はしているんです」と自信満々に語ると、望さんは「今日の格好はトップスとパンツが合ってない。体にボリュームがあるので、生地にボリュームがあるとダメ。足がきれいなのでしっかり出してもらうといいですね」とアドバイスを送る。これを受け、黒木アナが着替えている間に諸國沙代子アナの「骨格診断」も行うことに。望さんが「触らなくても、見てパッとわかる人がいるんですけど、まさに!」と言うと、諸國アナは「ちょっと! それは体型じゃないですか!」とツッコミを入れる。すると、望さんも「今日の洋服が似合っていないのでそう見えるだけ」と返すなど、見事な掛け合いをみせる。その後も諸國アナの私服へのダメ出しが続き、ついには「今日のお洋服は全部捨ててしまってください」とまで言われてしまい、店内は笑いに包まれていた。