ハリル監督、日本に根付くポゼッション信仰を否定 自画自賛の日本サッカー“新基準”とは

写真拡大

キリンチャレンジカップのメンバー発表会見前に異例のハリル流サッカー講義

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は28日、都内で行われたキリンチャレンジカップのメンバー発表記者会見直前に「ポゼッションサッカーでは勝てるとは限らない」と持論を主張。

 異例のハリル流サッカー講義を展開した。

 メンバー発表会見前から張り詰めた空気が流れていた。ホワイトボードには3コート分の紙が貼り付けられ、登壇したハリル監督は会見を始める前に「少し話をしたいと思います」と切り出した。テーマはポゼッション信仰の否定だった。

「私は日本に来てからずっと皆さんと話をしていますし、日本の指導者の方々とも話をしています。そして、私が来てから指導者の方からもポゼッションという言葉を聞いています。日本のサッカーの教育はポゼッションをベースに作られていると感じました。もちろん、点を取るためにはボールが必要です。そしてボールを持つことがポゼッションですが、相手よりボールを持ったからといって勝てるとは限りません。ですから、ポゼッションが高ければ勝てるというのは真実ではない」

 14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で、日本代表のアルベルト・ザッケローニ元監督は主導権を握るポゼッションサッカーを志向。2011年アジアカップで優勝したが、14年W杯では一勝もできずに、グループリーグで姿を消した。ハビエル・アギーレ前監督からバトンを受け継いだハリルホジッチ監督はボゼッションよりも、インテンシティーという局面の激しさ強調するスタイルのサッカーにシフトしている。

敵地・豪州戦を持ち出し「見方の違い感じた」

「たくさんの指導者がいるが、サッカーのビジョンや見方を伝えていると思う。例えばスペインやフランス、ブラジル、ドイツ、イングランド。それぞれの国にそれぞれのサッカーのアイデンティティーがある。強豪国と日本はまだ比較できないかもしれない。日本サッカーはまだ若い。しかし、世界では一番人気のあるスポーツで、日本でもより人気のあるスポーツになってほしい。そして、私のサッカーの見方を話すし、資料を作った。日本サッカーのアイデンティティーになるもの、選手たちのフィジカル、メンタル、テクニカルの特徴を踏まえたものだ。そして、独自のアイデンティティーを持たなくてはいけないが、モダンフットボールをベースにし、世界のサッカーの発展も見なければいけない」

 ハリル監督は日本サッカーが目指すべきものをこう強調した。そして、昨年10月11日のW杯アジア最終予選敵地オーストラリア戦(1-1ドロー)を持ち出した。

「世界各国でサッカーが発展しているし、日本も同じことをしなければいけない。アウェーでオーストラリアと対戦した時、私は守備面で完璧なゲームをしたと思う。アウェーでアジアチャンピオンと対戦したゲームであり、チームコンディションも良くなかった。それに合わせた戦術を私は使用し、選手はそれを実行してくれた。あと少しで勝利を収めることもできただろう。しかしそれだけではなく、アジアチャンピオンが日本ゴールを脅かす場面が全くなかった試合だ。その試合のポゼッションはオーストラリアの方が高かったが、決定機はなかった。我々は多くのチャンスを作り、多くの選手が決定機を迎えた。例えば小林悠は相手GKの素晴らしいセーブに遭った。そういうものが決まれば勝てる試合だった。しかし、日本に戻ったらたくさんの方に批判された。ボールポゼッションが低かったからだ。サッカーの見方の違いを感じた」

豪州との2戦目が「今後の基準」と主張

 ポゼッション率の低さに対する批判に、ハリル監督は不満を爆発させている。そして、8月31日のオーストラリア戦では2-0勝利を挙げた。

「オーストラリアの2戦目では全く違う戦術であり、今後の基準になる試合をした。90分間ゲームをコントロールし、高い位置でのプレスと引いてブロックを作ることも状況に応じた。攻撃はスピードを上げて、日本人の特徴を生かしたグラウンダーのパスを使ったものもあった。非常に良い結果を残し、多くの方に褒められた。重要な選手二人が点を取ったのも嬉しかったことだ」

 二戦目の試合内容については自画自賛だった。相手にボールを回させながら、ゲームをコントロールする戦術を「今後の基準」と主張している。

 人選にもハリル色を強めている。「若い選手が信頼されていないのか、彼らが表現する場が日本にはあまりない。私は私の考え方で起用している。それで結果を残せなければネガティブな声もある。だが、純粋に能力を見てベテラン選手より良ければ、その時点で最も状態の良い選手を使うべきだと考える。全員がそれに同意してくれるわけではないと感じる」と強調した。

 指揮官は言葉通りに今回の代表からパチューカFW本田圭佑、レスター・シティFW岡崎慎司らベテランを外した。ポゼッションサッカー信仰に釘を刺し、若手を積極起用する。ハリル監督は自分のやり方で日本サッカーのスタンダードを作り上げようとしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images