「僕らより上だった」グリエズマン、チェルシー戦敗北に悔しさをにじませる

写真拡大

27日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節で、アトレティコ・マドリーは本拠地「メトロポリターノ」でチェルシーに1−2で敗れた。FWアントワーヌ・グリエズマンは試合後、自身の良さを出すことができなかったと、悔しさをにじませている。

前半に先制したアトレティコだが、後半に同点弾を許すと、アディショナルタイムに劇的な逆転弾を許して敗北を喫した。今季から使用している新スタジアムでのCL初戦は、ほろ苦いものとなった。

PKから得点を決めたグリエズマンだが、試合を通じて不自由なプレーを強いられたとし、悔しさをにじませつつ、チェルシーは勝利に値したと語った。

「ゴール以外に関しては、良いプレーを見せられなかった。僕にとっては良い日ではなかったよ。とにかく働き続けなくてはならない。どうにもならなかったが、それでもまだ多くの試合が残されている」

「僕たちは最後まで歯を食いしばったが、結局はダメだった。彼らの方が優れていたし、それは誰もが認めるべきだろう。彼らは僕たちを上回った。それを認めることに問題はない」

同グループのもう1試合ではローマがカラバフを下した。この結果、アトレティコは勝ち点1で3位となっている。2試合を終えた段階では、決勝トーナメント進出圏外だが、グリエズマンは前を向いている。

「残されているすべての試合に勝って、どうなるか見てみよう」