岡田オーナーの今治らがJ3ライセンス取得…村井チェアマン「感謝したい」

写真拡大

 第8回Jリーグ理事会が28日に都内で行われ、村井満Jリーグチェアマンが会見に登壇した。

 この日の理事会で、2018シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップの大会方式変更やJ3クラブライセンス交付の判定が決定した。ヴァンラーレ八戸と奈良クラブ、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治にJ3ライセンスが交付され、村井チェアマンは「複数のクラブがJ3を目指してくれている。八戸と今治はサッカー専用スタジアムを用意していて、本気でJリーグ入会を志していることに感謝したい」とコメントした。

 また、シーズン以降問題については、「将来構想委員会で議論している」とだけ語り、詳しい時期などの明言は避けた。