@AUTOCAR

写真拡大 (全15枚)

もくじ

ーエアインテーク移設 数値で見るその効果
ーエンジン19馬力アップ マッピングも変更
ーRRで楽しむドリフト? ESCセッティング
ーバリアブルギア採用ステアリング
ーTwin’Runのイメージを受け継ぐデザイン

エアインテーク移設 数値で見るその効果

ルノー・スポールのマネージングダイレクター、パトリス・ラティのコメント

「リアエンジン・リアドライブ(RR)モデルのハンドリングは、われわれが慣れているFFとは全く違うため、開発はルノー・スポールにとって真の挑戦でした。しかしトゥインゴGTは、バランスのとれたファン・トゥ・ドライブなモデルに仕上がったのです」


トゥインゴGTを特徴付けるのが、左リアフェンダーに取り付けられた「サイドエアインテーク」だ。トゥインゴの他のモデルでは、ホイールアーチ上部に設置されているが、GTではリアフェンダー上部に移設。その結果、次のような成果が数値に現れている。


・ターボチャージャーに入る空気の温度が12%低下
・エンジン吸気流量が23%向上

吸気の改善により、ターボチャージャーの回転数を増加でき、多くの燃料が供給できるため、燃料ポンプを専用品に変更。さらにパワートレインの冷却性を向上させるために、ウォーターポンプもGT用に設計した。
 

エンジン19馬力アップ マッピングも変更


また、エグゾーストシステムも、排気流の見直しと排気圧の改善のために改良され、新たにクロームデュアルエグゾーストパイプを装着。


エンジンマッピングは、鋭いスロットルレスポンスによる素早い加速を実現するほか、アクセルオフ時には素早く回転を落とす専用アクセルマッピングを採用。スペックは下記のとおりに向上している。

・最高出力:109ps/5750rpm(標準モデル比19psアップ)
・最大トルク:17.3kg-m/2000rpm(標準モデル比3.6kg-mアップ)


また走行モードは、ノーマルモードとエコモードの2種類を用意した。
 

RRで楽しむドリフト? ESCセッティング


エンジンの性能向上に合わせ、シャシーにもルノー・スポールの手により特別なチューニングが施された。

ダンパーは、減衰力が変更された専用品で、アンチロールバーも直径が大きいものを搭載。ESCの制御も変更が加えられている。


ルノー・ジャポンによると、具体的に下記のような変更を施したという。
・スプリング/ダンパーは、前後ともに締め上げられ、合計で40%ハードにチューン。
・ESCについては、制御介入前にドリフトを感じられるようにセッティング。


チーフエンジニア、マチュー・メティヴィエのコメント
「われわれは、安全性を犠牲にすることなく、スポーティドライビングでの安定性の向上に取り組みました。ドライバーが、きついコーナーでアクセルを開けると、ESCが作動して軌道を修正する前に、大きくスピードを損なうことなく、わずかにドリフトするのが感じられます。このように、ドライバーは典型的なRRのハンドリングを楽しむことができるのです」
 

バリアブルギア採用ステアリング


ルノー・トゥインゴGTのステアリング機構には、バリアブルギアレシオ(VGR)ステアリングを採用。

・低速でステアリングを大きく切る:
フルロックに近付くと、タイヤは大きく切れてステアリング操作を助ける(ハイギアレシオ)

・ステアリングの中立付近:
タイヤは小さく切れ、安定かつ正確なハンドリングをもたらす(ローギアレシオ)


これにより、入り組んだ細い路地を楽に走ることができ、また狭い場所でのUターンや車庫入れをスムーズに行える一方、高速道路やワインディングなどでは正確な操作感を得られる。

RRレイアウトにしたメリット

フロントからエンジンや多くの機器、構造物が無くなり、サスペンションやステアリング機構の配置の自由度が増加。その結果、前輪の切れ角は同セグメント平均の30°を上回る49°を実現し、最小回転半径はクラストップレベルの4.3mとなった。
 

Twin’Runのイメージを受け継ぐデザイン


17インチ・アロイホイールは、コンセプトカーのTwin’Runに装着されていたもの。同様に、ボンネットからルーフ後端へ続くNACAダクトをイメージしたデカールも、Twin’Runから踏襲している。

トゥインゴGTのスポーティさを象徴するアイテム

 リアエンジンを強調するサイドエアインテーク
 クロームデュアルエグゾーストパイプ
 ブラックリアディフューザー
 フェンダーモール
 サイドスカート

室内の配色にはボディカラーのオレンジを取り入れ、統一感とデザイン性を両立。レザー調✕ファブリックコンビシートには、ホワイト・オレンジラインとオレンジステッチが、レザー調ドアトリムにもオレンジステッチが施されている。


エアコン吹き出し口、シフトレバーブーツリングにもオレンジのアクセントを配置。ほかにも、モータースポーツ・テイストを高めるアイテムがトゥインゴGTの特長となっている。

・RENAULT SPORTロゴ入りキッキングプレート
・アルミペダル
・ZAMACシフトノブ

▶ 「ルノー・トゥインゴGT 先行200台 10/19日本発売」はこちら