9月30日(土)から試験導入

首都圏では既に東急電鉄、相模鉄道、東京メトロ、小田急電鉄、京王電鉄、西武鉄道、江ノ島電鉄、東武電鉄が試験的に導入している紛失防止IoTタグMAMORIOを使った「お忘れ物自動通知サービス」を京急電鉄、東京都交通局、京成電鉄の3社局が試験的に導入します。

このサービスは、紛失防止タグ「MAMORIO」を付けた所持品を紛失し、所持品が専用アンテナ設置場所に届けられた場合、所持品の位置情報を持ち主であるお客さまのスマートフォンに自動的に通知するサービスです。国内外の玄関口である羽田空港、成田空港につながる京急線、都営地下鉄、京成線では、落し物やお忘れ物が多く届けられています。このサービスの開始により、落し物の早期発見、迅速で確実な引渡しを実現することで、利用者に対するサービス向上が図られます。

試験期間は9月30日(土)から当分の間となっています。専用アンテナ(MAMORIO Spot)の設置場所は以下と発表されています。

○京急線
・京急お忘れものセンター(京急鶴見駅付近)
・品川駅(お忘れもの取扱所)
・羽田空港国内線ターミナル駅(第1ターミナル側改札案内窓口)
・金沢文庫駅(お忘れ取扱所)

○都営交通
都営地下鉄,都営バス,東京さくらトラム(都電荒川線),日暮里・舎人ライナーの全てのお忘れ物対象

○京成線
・お忘れ物センター(京成高砂駅隣接)
・京成上野駅(駅長室)
・京成津田沼駅(駅長室)
・京成成田駅(駅長室)
・空港第2ビル駅(駅長室)

MAMORIOの基本情報
・通信方法   Bluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)
・サイズ    縦35.5☓横19.0☓厚さ3.4
・有効距離   約30m・
・電池タイプ   リチウム電池 最大で1年間利用可能(ご利用環境により短くなる場合があります)
・購入方法   MAMORIOサイト(https://mamorio.jp),大手家電量販店,大手百貨店など

問い合わせ:

いよいよ「お忘れ物自動通知サービス」はMAMORIOの寡占状態になってきました。普及してタグが安くなると更に普及が加速しますね。