激戦区はウイング? クラブレベルでハイパフォーマンスを披露している選手は現時点で……。

写真拡大 (全3枚)

 2017年9月28日、10月シリーズ(6日のニュージーランド戦、10日のハイチ戦)に向けてメンバー発表が行なわれた。
 
 今回選ばれたのは24名。ポジション別に見ると、GKが川島永嗣(メス)、東口順昭(G大阪)、中村航輔(柏)で、SBは長友佑都(インテル)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルク)、車屋紳太郎(川崎)、CBは槙野智章(浦和)、吉田麻也(サウサンプトン)、昌子源(鹿島)、植田直通(鹿島)。

 守備的MFは山口蛍(C大阪)、井手口陽介(G大阪)、遠藤航(浦和レッズ)で、攻撃的MFは香川真司(ドルトムント)、倉田秋(G大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン)。そしてウイングは久保裕也(ヘント)、浅野拓磨(シュツットガルト)、乾貴士(エイバル)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、CFは武藤嘉紀(マインツ)、大迫勇也(ケルン)、杉本健勇(C大阪)という顔ぶれだった。
 
 日本と同格以下のニュージーランド(NZ)やハイチと戦う10月シリーズは、文字通りテストマッチ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「あまり出ていなかった選手を起用したい」とコメントしているとおり、現時点でのベストメンバーで臨むことはないだろう。
 
 今回のワールドカップ・アジア予選の全試合にフル出場したCBの吉田、最終予選で前線の基準点として機能した大迫あたりはすでに“計算できる戦力”なので、あえて使わない手もある。このタイミングで試すべきはやはりこれまで出番がなかった選手で、そうなると、GKの本命は東口だろう。おそらくニュージーランド戦かハイチ戦のどちらかで中村も起用される可能性はあるが、ニュージーランド戦では中村より経験豊富な東口がゴールマウスを守ることになりそうだ。
 
 4バックは右から酒井宏、昌子、植田、そしてA代表初選出の車屋か。ここでの最大の焦点は、吉田になんらかのアクシデントがあった場合の対処法、つまり昌子がリーダーシップを発揮して最終ラインをまとめられるか。

 吉田不在時のテストとして今回の連戦はまたとない舞台になる。仮に吉田をスタメン起用するようだと……。正直、なんのためのテストマッチかと突っ込みたくなる。
 CFは杉本で堅いはず。ハリルホジッチ監督のサウジ戦(9月5日)での起用法(杉本は途中出場、武藤は出番なし)から判断するかぎり、現時点では杉本のほうが武藤より序列が上だろう。
 
 ウイングは右が久保か浅野で、左が乾か原口。コンディションを重視するハリルホジッチ監督の考えに基づけば、左ウイングはクラブでサブに甘んじている原口よりも乾がスタメンの最右翼。一方で右は、浅野も久保もクラブで大きなインパクトを残しておらず、横一線と見るべきだろうか。ただ、オーストラリア戦の貢献を考えると、浅野が有力候補になる。

 クラブでパッとしない選手ばかりが選ばれたウイングは、ある意味、激戦区。アジア最終予選突破に大きく貢献した原口も、もはや不動とは言えないのではないか。

 中盤は長谷部不在時のシミュレーションと捉えれば、アンカーは山口。アジア最終予選を見るかぎり、山口のアンカーはそこまで機能していない。長谷部を欠くと中盤の機能性が低下してしまうのが現状で、それを避けるためのソリューションを早い段階で見つけないといけない。それが山口なのか、遠藤なのか、それとも2ボランチにするのか。そのあたりも今回の連戦の焦点になるかもしれない。
 
 インサイドハーフの2枚は香川と小林か。6月のシリア戦を最後に代表戦に出場していない香川は、ハリルホジッチ監督が状態を見極めたい選手のひとり。ニュージーランド戦かハイチ戦のいずれかで先発するはずだ。
 
 難しいのはもう一枚。成長著しい井手口か、代表戦で久しく出番がない小林か。ハリルホジッチ監督のアグレッシブな采配を期待して小林をスタメンにしたが、オーストラリア戦で鮮烈な印象を残した井手口も不動のレギュラーになったわけではない。本当に代表の戦力になれるか、ニュージーランド戦で試される可能性はある。
 
 いずれにしても、ハリルホジッチ監督には大胆な選手起用を望む。ニュージーランド、ハイチを相手にベストに近いメンバーで勝ってもさして大きな意味はないのだから、いろんな選手を試してもらいたい。そんな希望を込めてのスタメン予想でもある。

【日本代表PHOTO】ニュージーランド・ハイチ戦へ向けた招集メンバー24人