常に女性との関わりを持ち、恋愛に事欠かない(ように見える)のは、「チャラ男」も「モテ男」も同じ。ただ、やっぱりどうも違って見えるのは、何故なのでしょう?

「チャラ男」はモテるのか、「モテ男」はチャラいのか…。10種の事例から、その違いを探ってみましょう。

01.
記憶に余韻を残さない vs 残す

シーンをカラオケに限定してみましょう。「チャラ男」は楽しいことや盛り上がることが大得意。皆でカラオケなんて時には、マラカス・タンバリン・合いの手で全力で盛り上げてくれます。もちろんその間も目線は女子達に。一方「モテ男」はかなりの確率で歌が上手い。

しっとりバラードを唄い上げ、女子のハートをわしづかみ。酔わせてしまいます。「あ〜楽しかった」で終わるのか、記憶に余韻を残すか…違いは歴然。

02.
目立つ服装 vs 合わせる服装

「チャラ男」は自由を愛します。個性的で明るくファッションも個性的。それゆえどんな場面でも目立っているし、そんな自分が大好き。デートでは彼女とちぐはぐな格好になる確率大で、女子のほうが合わせなければならないかも。

「モテ男」は目立つかどうかよりは時と場所、相手に合わせた服装を心得ています。デートでは自分よりも女の子を引き立てるようにさりげないオシャレに。

03.
広く浅く楽しめるvs 深く濃く学べる

「チャラ男」は一見、話上手で面白い。でも内容はギャグやウケ狙いが多く深みはないかも。しかも、話の内容がコロコロ変わるジェットコースタートークです。ずっと聞いてると疲れるでしょう。

「モテ男」は女子が聞きたくなる話題をなぜか知っています。そして、知識が広く深く、知恵を与えてくれる内容で惹き付けます。もちろん、飽きないように笑いのセンスも取り入れて。

04.
話す、聞かせる vs 聞く、話させる

「チャラ男」は盛り上げ上手ですが裏を返せば、自分の話に熱中して相手を笑わせて満足します。前述のとおり内容は浅い。

「モテ男」は自分が話すよりも相手が話しやすいように話題を引き出します。しかも、楽しそうに聞いてくれるので話せば話すほど楽しい気分にさせてくれ、安心し「また、話がしたい」と思ってしまいます。

「その場でお腹いっぱいご馳走さま」vs「もっと食べたい…」の差がありますね。

05.
自分優先 vs 相手優先

「チャラ男」は自分大好き、目立つの大好き。どんなときでも自己アピール全開です。「かわい〜ね」と女子を誉めても周りの視線を意識しています。

「モテ男」は女子が好きなシチュエーションで言ってほしい言葉を差し出せます。自分優先か相手優先かですね。

06.
ワンパターン vs ギャップあり

「チャラ男」は女子なら誰にも明るくノリノリでアピールします。誰にでもアピール全開です。

「モテ男」は誠実に真剣な顔をしているかと思えば、ふいに想定外の笑顔をみせて女子をドキっとさせてしまいます。

そのギャップには凄い力が秘められているのに、自然にやってのけてしまうのが「モテ男」です。

07.
どこでもナンパ vs こっそりナンパ

「チャラ男」は場所や時を選ばずに、ナンパして当たり前。ナンパが習慣。誰にでもすぐにメールアドレスや電話番号を聞き出します。

「モテ男」は誰にも見られないような時、場所、もしくは人前でも悟られないように内緒のメモを渡したりします。私だけが特別…と思わせてくれますが、実は違った!なんてこともあるので、要注意です。

08.
一見マメ vs 本当にマメ

「チャラ男」は誰にでも同じようなマメさをみせます。誰にでも同じなのですぐにバレます。約束事をしてもドタキャンは日常茶飯事。埋め合わせに追われます。

「モテ男」のマメさは特別感を与えてくれるのです。誕生日や記念日は忘れません。さりげない声かけ、返信を強要しないメール。モテるのに他の女子の影は見せない心得があります。

09.
同性の友達が少ない vs 多い

「チャラチャラして言動が軽薄な若い男性」と形容されるチャラ男。その軽薄さは同性から見ても敬遠されがち。女子からモテたくて、女子のお尻ばかり追いかけているので、同性の友達は当然少ないでしょう。

一方「モテ男」は同性にも好かれます。女子と同様に男友達も大切にするので、信頼感が違います。

10.
モテたい vs モテてた

「チャラ男」のパワーの源は女子にモテたいという欲求。全てはその為です。

「モテ男」は自分以上に相手を思うので結果的にモテてしまいます。

その差は、歴然ですよね?