中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)をテーマにした中日観光交流イベントが25日、神奈川県箱根町で開幕した。

写真拡大

中秋節(旧暦8月15日、今年は10月4日)をテーマにした日中観光交流イベントが25日、神奈川県箱根町で開幕した。新華社が報じた。

在日本中国国家観光局日本代表処、東京中国文化センター、藤田観光株式会社が共催する「2017年中秋節in箱根」は、29日まで5日間開催される。開幕式と歓迎パーティーには、日中の政府関係者、観光界、箱根町民の代表らが出席した。

歓迎パーティーで、在日本中国大使館の郭燕・公使は、「『中秋節in箱根』は、今年で5回目。中日民間友好交流の懸け橋になっている」とし、「中日友好の基礎は民間にあり、観光交流は中日民間友好交流において重要な位置を占めている。昨年、訪日中国人観光客は延べ637万人を突破し、訪日外国人観光客で最多だった。中日各界が共に努力し、観光などの各分野の連携を一層深化させ、両国の国民の相互理解や友好的な感情を促進し、中日関係の改善と発展に寄与することを心から願っている」と語った。

開幕式では、国際文化交流舞踊団・曼珠沙華(まんじゅしゃか)が、日本独特の民族舞踊を披露したほか、在日華人アーティストらが二胡や古筝などの、中国民族楽器の合奏を披露し、好評を博した。

イベント会場では、中国世界遺産画像展が行われており、万里の長城や敦煌莫高窟、九寨溝などの中国を代表する自然・人文景観が紹介されている。(提供/人民網日本語版・編集KN)